今年、ヤングリーグで春夏連続日本一の偉業を成し遂げたのが、広島県東広島市で活動する府中広島2000ヤングだ。全国大会には18年連続で出場を果たしており、10月に行われたプロ野球ドラフト会議では、法政大学の岡田 悠希選手(龍谷大平安出身)、広島新庄花田 侑樹投手と2名のOBが指名を受けた。

 そんな名門チームの根幹となっているのは、人間形成を求めた指導だ。「野球を通じた人間形成」と「高校野球への通過点」を指導方針に掲げており、チームを率いて21年の中田博監督は、「人間形成を目指すようになってから、技術でも人間力でも成長を感じるようになりました」と胸を張る。

 心の成長のキーワードとして中田監督が挙げるのは、「人前で話せること」と「親の成長」だ。

ホームランを打つよりも「話せること」が大事


 瀬戸内海に面した場所に、専用グラウンドを持つ府中広島2000ヤング。節目である2000年にチームが立ち上がったことから、チーム名にも「2000」の数字が入れられた。立ち上げ当初からチームを率いてる中田博監督は、人間形成を目指した指導を軸に据えたことで、大会での成績にも繋がっていったと話す。

「最初は近隣のチームに追いつこうとする中でスタートしましたが、これから高校に上がっていく選手たちのことを考えると、勝っても負けても何も残らないなと感じるようになりました。これじゃいけないなと思い、考えついたのが人間形成でした。勉強はもちろん、親への感謝、そして高校や社会で通用する人間を作っていこうと思ったのです。
 すると、大会でも少しずつ結果を残すようになり、高校の指導者の方からも人間性が素晴らしい選手が多いですね、と声を掛けていただけるようになりました」



長年チームを率いる中田博監督

 選手を指導する上で、中田監督が最も重視するのが、「人前で自分の言葉で話せるようになること」だ。自身の考えを頭の中で整理して、視線を浴びる中でしっかりと言葉を口にすることが、人間形成の基礎になると考えており、人間形成の基礎になると考えており、練習の前後に行う朝礼と終礼では、課題や目標をスピーチする時間が設けられている。

 特に朝礼では、誕生日を迎えた母親へ感謝の言葉を伝える時間も作られており、人間力向上のきっかけとなる仕掛けをいくつも作っているのだ。

「母親に感謝の言葉を伝えた後、抱擁するのが恒例のイベントです。中学生にもなると親に直接感謝を伝えることなんて無いですし、ましてやハグなんて恥ずかしいじゃないですか。だからこそ、しっかりと普段支えてくれる両親へ感謝を伝えて欲しいと思いますし、次にハグするチャンスなんて結婚式くらいじゃないですか。親御様も毎回感動されますし、恥ずかしがらずに感謝することも人間形成に繋がると信じています」