目次

[1]中森、岩崎、小林の近畿速球派3羽烏に注目!
[2]2年はスラッガー、ショートストップ、好捕手とタイプが多彩!/注目の1年生たち

 最後に下級生編である。今年も3年生たちに負けない選手たちが集まっている。そんな注目選手たちを紹介していきたい。

中森、岩崎、小林の近畿速球派3羽烏に注目!


 2年生投手では中森 俊介明石商)がトップだろう。欠点が少ない投球フォームから繰り出すストレートは140キロ後半。その威力は凄まじいものがあり、さらにスライダー、スプリット、チェンジアップ、カーブなどいずれも精度が高い。

 ギアを入れたときの投球は圧巻で、太刀打ちしようがない。投手としての完成度の高さは3年生を含めてもトップレベルではないだろうか。

 中森はセンバツ後、なかなか調子が上がらず苦しい日々を過ごしたが、
「日々の基礎練習を信じて取り組んだ成果が出ていると思います。兵庫大会決勝戦の投球は自分のベストの状態に近づいてきていると思います」と、手ごたえを感じている。初戦の花咲徳栄戦では中森のすべてがみられるのではないだろうか。

 履正社岩崎 峻典の完成度の高さに注目。竹田 祐(明治大)を彷彿とさせる。140キロ前半のストレートは威力があり、120キロ中盤の縦横のスライダーの精度の高さもある。

 飯山の2年生右腕・常田 唯斗も完成度の高さが魅力。伸びのある140キロ前後のストレートは大きな可能性を感じさせ、強豪校を立て続けに破ってきた能力を感じさせる。

 あまり登板はないが、星稜寺西 成騎は150キロ近い速球を投げるポテンシャルを秘めており、甲子園で登板できる状況になれば、そのポテンシャルの高さに甲子園のファンも驚く可能性はあるだろう。

 智辯和歌山の最速147キロ右腕・小林 樹斗も、縦回転を生かしたフォームから繰り出す速球は回転数が高く、フォークの落差も鋭い。和歌山大会では12.2回を投げて、11奪三振、1失点と結果を残している。

 さらに、神村学園の2枚看板・田中 瞬太朗桑原 秀侍 はともに130キロ中盤の速球、120キロを超える縦横のスライダーをコントロール良く投げ分ける好右腕で、全国クラスの好投手だろう。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。