地方大会で敗れた北海道・関東地区の好投手たち



伊藤樹(仙台育英)、市川祐(関東一)、羽田慎之介(八王子)

 田中 楓基旭川実)投手も140キロ後半の速球を投げる右腕として注目されたが、北北海道大会の初戦で敗退となった。支部予選でも好投を見せ、評価を上げている。

 そして仙台育英伊藤 樹も4回戦敗退となった。悔しい投球になったが、140キロ後半の快速球は魅力的。技術的に優れ、意識も高い投手なので、意欲的に取り組めば、高校卒業後には、驚くような投球を見せる可能性もある。

 常総学院大川 慈英も、茨城大会通して安定感抜群の投球。最速148キロの速球と切れのあるスライダーで翻弄する投球は、見事だった。ボールの精度は高卒プロ級は果たして大川はどんな進路選択を行うのか。

 健大高崎今仲 泰一は、140キロ後半の速球、切れ味鋭い変化球で翻弄する好投手へ成長した。決勝戦では1失点の力投。惜しくも敗れたが、その投球の完成度は世代トップクラスのものがあった。花咲徳栄高安 悠斗堀越 啓太松田 和真の140キロ超えトリオも素晴らしかったものがあった。高安は変化球の精度が素晴らしく、堀越は145キロオーバーの速球は威力があった。松田は120キロ後半のスライダーの切れ味は超高校級だった。

 関東一市川 祐は、関東大会終了から球威アップを課題にトレーニングを行い、大会前には最速146キロ、そして東東京大会準決勝では最速152キロをマーク。多彩な変化球を投げ分ける投球は世代でもトップクラスのものがあった。山岸 翠横浜創学館)は右サイド気味から140キロ中盤の速球は回転数が高く、スライダー、カットボール、シンカーを操る実戦力の高い右腕として大きく評価を高めた。立花学園永島田 輝斗も最速146キロをマークした速球は威力があり、ドラフト候補として注目したいものがあった。

 八王子の149キロ左腕・羽田 慎之介は長身から繰り出す最速149キロの速球は威力抜群で、あまり語られないが、変化球の精度も高い。ただ調子が上がらず今大会は未登板に終わった。進路はどんな選択をとるのか注目をしていきたい。惜しくも辞退したセンバツ覇者の東海大相模のエース・石田 隼都は今年の公式戦では無失点で終えた。

 高回転の140キロ前半の速球、スライダー、チェンジアップで翻弄する投球は見事だった。最後の登板となった藤嶺藤沢戦では6回無失点。本当に悔しい終わり方をしてしまったが、まずは活動再開となったときは焦らず次のステージへ向けて体を作ってほしい。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。