10月11日のドラフト会議が迫ってきた。ドラフト会議の解説でお馴染みのスポーツライター・小関順二さんをお招きし、今年の高校生や、各球団の補強ポイント、おすすめの1位候補を語ってもらった。

 第4回は今年は北海木村 大成投手、二松学舎大附秋山 正雲投手、大阪桐蔭松浦 慶斗投手など、豊作だった高校生左腕について語った。


――今年は左投手も多かった。木村投手はどんな印象をお持ちですか

小関:春はよくて夏はややステップが狭かったかな。春センバツで見ただけで、うまいだけじゃない、プロでも3位くらいで指名してもらえるなと思った。

 北海の最速150左腕、木村は春夏ともに甲子園でその自慢の速球を披露した。センバツ、夏ともに、神戸国際大附が相手となる奇遇。春負けた雪辱を期した夏も、残念ながら負けてしまったが、素材の高さは甲子園に残してきた。左で150キロを出せるのは魅力だ。小関氏の言うように、左投手の薄い球団が将来性を買って上位指名する可能性は十分ある。

――秋山投手は甲子園でも好投を見せました

小関:あるスカウトの評価が高くて、風間より秋山がいいというんです。左の170センチの秋山と、180後半の風間とはまったくタイプが違う。でも、そう言われて、秋山を見たら、やっぱりいいですね。上背はなくても本格派の凄みもあって、球も堂々としていい。フォームがとにかくいい。チェンジアップもものすごく切れるし、勝負球を持っているのは強味だ。

 二松学舎大附の秋山については、170センチの割には「本格派左腕」としての素質を感じている。右打者の内角へ、ズバッと投げ込むメンタルの強さと、技術の高さは、直球で勝負できる左腕として評価できる点だろう。さらに、右打者への攻めで有効なチェンジアップの切れを高く評価。実戦的な左腕として指名される可能性は高い。

――松浦投手についてはどうでしょうか

小関:松浦については、春は150キロ左腕と言われて期待しすぎた。これじゃプロはダメだなと思っていたが、夏は、あの(雨の)ぬかるみの中で、辛抱強くよく投げた。球持ちもよく、悪条件でも内角を攻め続けて一定の速さも出ていたし、あんな条件で140キロ以上でてたしね。環境がちょっと悪すぎたね。ひどかった。ああいう悪いところでもいい球が投げられるのはいい。

 大阪桐蔭の松浦は、「不運」に見舞われた1人だった。東海大菅生との好カードも、雨天コールドゲームで両者不完全燃焼のまま、大阪桐蔭が勝利した。時折、激しく雨が振り、グラウンドがぬかるみ、マウンドも投げられる状態ではないように見えたが、その中でも打者を攻め続けた松浦の姿を評価した。足元が悪いなかでも強い球が投げられるのは、そう簡単にできることではない。下半身の強さ、メンタルの強さ、左腕としての素質の高さを垣間見たからこその評価なのだろう。

(記事:編集部)