今年の高校生左腕では木村 大成北海)、秋山 正雲二松学舎大附)、松浦 慶斗大阪桐蔭)、石田 隼都東海大相模)、泰 勝利神村学園)の左腕BIG5の名前がすぐに浮かぶ。

 この実力者を担当スカウトがどうランク付けして、高校生左腕枠として入れるか、問われている。今回はこの5人について紹介しつつ、今年の高校生左腕について展望していきたい。

左腕BIG5の魅力を解説!


 この5人、それぞれの魅力がある。プロで活躍できる可能性は十分に備わっている。

 まず木村は左スリークォーターから140キロ中盤の速球、スライダーで翻弄する大型左腕。センバツよりも明らかに平均球速が上がり、最終回まで保って投球ができるようになった点は大きい。ただ角度的にそれほど苦しむ球質ではないため、いかに回転数など三振を奪えるストレートにできるか問われている。

 秋山は安定して140キロ前半を出せるようになり、春まで力投派の印象だったが、夏にかけて心身の成長が著しく、秋山ならば大丈夫だと思わせるほど貫禄のある投手になった。秋山自身、先発として投げ抜くために、ペース配分を考えながら投げている。これがうまくいく投手、行かない投手がいるのだが、秋山はその力加減の調整が非常に上手い。

 スライダーや、ここ一番で決まるアウトロー、インローのストレート、そしてチェンジアップと引き出しも豊富。高評価するスカウトも多い。

 松浦はセンバツ時の不調を乗り越え、高校生左腕トップレベルのパフォーマンスを発揮できるまでに取り戻した。夏の投球を見ても、まだこんなものではないと思うが、フルスロットルで投げる140キロ後半の速球はドラ1候補の佐藤 隼輔仙台-筑波大)、山田 龍聖高岡商-JR東日本)と比較しても負けていないといえる。スライダー、チェンジアップの精度も悪くなく、本人自身も変化球を投げることにかなりこだわりがあるので、まだまだ伸びる投手だといえる。

 石田はこの5人の中でも一番のテクニシャン。タイミングが取りにくい高速フォームに加え、これは打てないと思わせるチェンジアップのコンビネーションが素晴らしい。石田高校最後の登板となった藤嶺藤沢戦では最速143キロをマーク。やはり全力で投げた時の直球は見応えがあった。石田がいいのは、球速、変化球、投球フォームすべてにおいて実戦的で、今のスタイルを肉付けしたまま勝負できること。これは秋山にも言えることだが、洗練されていて、1年目からファームで好成績を残す予感がある。

 秦は未完の大器。先発でも常時140キロ後半の速球を叩き出せる馬力は、突き抜けており、130キロ近い高速スライダーもキレが抜群。ただ、ベルトよりに集まることと、他の4人と比べると投球のコンビネーションが確立していないため、時間はかかるタイプではないだろうか。