今年のドラフトは右打者の価値が非常に高まっている情勢だ。 高校生では、大型スラッガーになる素質があった金子 京介盛岡大附)、走攻守三拍子揃った大型外野手・花田 旭大阪桐蔭)、甲子園でバックスクリーン弾を放ち、評価を上げた三塁手・立石 正広高川学園)といった優秀な右打者がプロ志望届を出さないことが明らかとなった。

 大学では山本ダンテ武蔵(國學院大)が未提出。正木 智也(慶應大)、ブライト 健太(上武大)が上位候補に挙がるのは、もちろん2人の能力の高さを評価しているのもあるが、今年のドラフト市場も関係しているだろう。

有薗直輝など外野手にスラッガー揃い


 もちろん今年の高校生右打者も優秀な打者が多い。そんな逸材を紹介していきたい。

 選手個人の評価、ドラフト市場の相対評価で高校生野手NO.1になりそうなのが有薗 直輝千葉学芸)ではないだろうか。高校通算70本塁打の長打力は素晴らしく、肉体的な強さが他の高校生と比べても抜きん出ており、ロングティーでもガンガン柵越えさせる選手なのだ。長打力だけではなく、あまり三振をしない選手でもある。八王子の149キロ左腕・羽田 慎之介と練習試合をして、2打数0安打に終わったが、深いセンターフライ、そして鋭いレフトライナーだった。

 この時の羽田は140キロ中盤の速球を投げられて、さらにスライダー、チェンジアップも投げられて、今、騒がされている隅田 知一郎(西日本工業大)、山田 龍聖(JR東日本)、佐藤 隼輔(筑波大)にひけをとらないボールを投げ込んでいた。そういう投手からしっかりとコンタクトできるタイミングの取り方の上手さには驚かされた。有薗の評価を引き上げているのは、三塁守備のレベルの高さだろう。球際にも強く、三塁側の深い位置からワンステップでダイレクトスローできる強肩は一級品。もともと投手としても、最速148キロを投げ込む強肩なので、ポテンシャルの高さは群を抜いている。

 池田 陵真大阪桐蔭)は今年の高校生右打者の中では技術的に優れている。大阪大会で圧倒的な打撃を見せたが、どのコースに対しても最短距離で振り抜き、広い舞洲球場で確信できる本塁打を打ち続ける長打力は本物。さらに抜群の強肩。ここぞという場面で結果を出せるメンタリティーの強さは一級品だ。

 

 捕手で抜けているのは松川 虎生市立和歌山)だろう。スローイングタイム1.8〜1.9秒台のスローイングはもちろん。178センチ98キロと豪快な体格をしている割に、インパクトまでのスイング軌道に無駄がなく、技術的に完成されている。肉体的なポテンシャル、技術が備わった捕手は評価が高くなって当然。ドラフト上位に挙げる球団も多い。

 メディアで話題に挙がる吉野 創士昌平)は、高校通算56本塁打の長打力は見るべきものはある。さらに脚力、強肩も見栄えする。グラウンドに立つと映えるタイプで、花形選手になる可能性がある。ただスカウトからの指摘で聞かれるのは、スイング軌道。吉野が本塁打を打った試合を見ると、上手く拾ってリストの強さで運んだ打撃も多く、黒坂監督は入学当初から吉野のスイング軌道では、レベルが高い投手では絶対に通用しないので、スイング軌道、身体の使い方を教え込んできた。

 もちろん、今でも完璧ではないが、成長は見える。自分の課題に向き合って取り組める選手なので、プロ入りしたらこんなに良くなったのか…と驚かされるに違いない。

 水面下で評価が上がっているのは前田 銀治三島南)。高校通算31本塁打とドラフト候補に挙がる野手の中では飛び抜けて高いわけではなく、スイングも荒削り。ただ、ツボにはまった時の飛距離、抜群の強肩、俊足はトップクラスで、今年の右打者ではこれ以上ない選手だ。一部の記事で調査書11球団があったが、これはその通りで、前田はプロ1本の方針。指名の可能性は十分にあるだろう。