来年の高校生は、秋、春、夏までにどれだけアピールできるか焦点になる。今年は小園 健太市立和歌山)、森木 大智高知)のように、ドラ1を予感できた投手はほとんどいない。世間的な知名度も小さい。野手でも1位の吉野 創士昌平)、松川 虎生市立和歌山)、2位の有薗 直輝千葉学芸)のような実績のある選手も少ない。ある意味、未知数でこれからしっかりとみていきたい。

 その中で大会が進行してきて、世代を代表する投手は5人いる。今回のコラムではその5人について迫っていきたい。


 まず、この世代で中心投手になりそうなのが田中 晴也投手(日本文理)だ。185センチの長身から繰り出す常時140キロ前半の速球は威力抜群だ。甲子園では打ち込まれてしまったものの、高卒プロはやはり「凄い」と思わせるポテンシャルを持った投手がいくものだ。特に上位の投手はそうであってほしい。上位候補となるのは、やはり田中となる。北信越大会では最速148キロをマークし、リリーフではコンスタントに145キロ以上を出せる。馬力は合格クラス。田中がドラフト上位~1位に入るには、今よりもマックスは上げつつも、変化球の精度、速度そのものを大学生以上の投手とひけをとらないレベルに持っていけるかではないだろうか。

 そして田中に匹敵する投手が鈴木 泰成ではないだろうか。怪我もあったが、この秋に復帰登板。スピンがかかった高回転の140キロ台のストレートはやはり別格。しなやかな投球フォームをしていて、スライダーなど各種の変化球の精度も高い。進学傾向が強い東海大菅生だが、高校3年生までにどの領域に達しているか注目をしていきたい。