秋季大会が終盤に入っている高校野球だが、大学野球も秋季リーグが佳境に入っており、非常に盛り上がりを見せている。

 大学球界屈指のリーグである東都大学野球は、國學院大が春季リーグに続いて、2季連続制覇へ歩み続けており、2部リーグでは拓殖大が優勝に向けてリーグ戦を戦っている。

 今回はそんな東都大学野球の2部リーグの来年のドラフトで指名の期待がかかる3年生を中心に選手たちを紹介したい。


U18代表経験者、150キロ超えの投手など逸材揃う


 まず来年のドラフトで対象となる3年生世代で最注目となるのは、立正大・奈良間 大己選手だろう。

 常葉菊川時代は、強打のバッティングを武器に静岡大会や甲子園で活躍。さらにU18日本代表では、藤原 恭大(現千葉ロッテ)や根尾 昂(現中日ドラゴンズ)らとともにプレーをしてきた。

 立正大進学後も、1年生春からリーグ戦に出場し続け、今季は第4週まで終わって打率ランキングは全体7位という成績を残している。ただ今年は入れ替え戦がないため、来春も2部でプレーすることとなっている。

 そのことを踏まえ奈良間自身も「1つ1つのプレーが勝負だと思ってやっていきたい」とチャンスを活かす姿勢を見せている。スカウトの目に留まる活躍ができるか楽しみだ。



東洋大・羽田野温生(汎愛出身)

 投手では東洋大の大型右腕・羽田野 温生投手になるだろう。188センチ90キロの恵まれた体格から150キロを超える剛速球を投げ込む本格派右腕。高校時代は汎愛で過ごし甲子園での出場実績はないものの、東洋大で成長を遂げたまさに逸材だろう。

 他にも東洋大には、新人賞やベストナインを受賞した龍谷大平安出身の松本 渉もいるが、専修大の南保 良太郎星稜出身)も紹介したい。

 現在、リーグ戦打率.409で全体2位。首位打者争いを演じる2部屈指の巧打者として、存在感を示すが、最後の夏は石川大会で5本塁打を放っている。星稜OB・松井 秀喜氏を超える本塁打数で当時は注目を集めた。

 そして甲子園でも不動の4番として出場し、済美との延長タイブレークを戦った。ここまでの高校通算29本塁打スラッガーの注目度はそれほど高くないかもしれないが、今季でタイトルを獲得して、一気にブレイクする可能性は十分ある。ここからの活躍が今後の進路に大きく関わるのではないだろうか。

 さらに専修大を引っ張るエース・菊地 吏玖投手も見逃せない。秋季リーグでの登板はあまりないが、コンスタントに140キロ台を計測する真っすぐは、力強く光るものを感じる。最終学年となる来季に、存在感を示すことが出来るか。