今夏の甲子園で初の決勝進出を果たした奈良の智辯学園。あと一歩届かなかった全国制覇の夢は、3年生から1、2年生に託される形となった。主力の大半が入れ替わったが、下級生にも力のある選手が数多くいる。3年連続のセンバツ出場を目指す同校の新戦力に迫った。


センバツV右腕「村上に似ている」エース大坪


 夏の甲子園でメンバー入りしていた2年生は投手の藤本 竣介、田邉 涼介、二塁手の中陳 六斗の3人。中陳こそ準決勝、決勝でスタメン出場したが、藤本は1回戦でアウトを一つも取れずに降板、田邉に至っては出場なしと、目立った活躍をすることはできなかった。

 投手では西村 王雅小畠 一心、野手では山下 陽輔前川 右京などタレントが大量に抜けた中で始まった新チーム。今年のセンバツでベンチ入りしていた内野手の酒井 優夢(2年)が主将となり、スタートを切った。

「実績もありますし、周りも見れる子」と酒井を評価する小坂将商監督。甲子園を経験した選手として、名実ともにチームを引っ張る役割を指揮官は期待している。

 新チーム結成当初は「雰囲気が悪くて、まとまりがなかった」と酒井は危機感を抱いていたが、一人ひとりにキャプテンシーを持たせることを小坂監督が求めたことで、選手たちに自覚が徐々に芽生え、チームにもだんだんとまとまりが出てきた。

 始動が遅れたこともあり、練習試合は4試合しかこなせずに秋季大会を迎えたが、初戦は一条を相手に10対0の5回コールド勝ちと上々のスタートを切った。

「出来すぎました。練習試合では全然つなぐことができなかったんですけど、大会ではつなぐことができて、勝つことができました」と試合を振り返る酒井。選手全員が力を発揮し、今後につながる戦いをすることができた。

 今年のチームで強みとなりそうなのが投手力だ。春の大会で主戦を任された大坪 廉(2年)と藤本が秋以降は投手陣の軸として活躍することを期待されている。

 エースナンバーを背負う大坪は制球力が高く、ストレートとスライダーのコンビネーションで相手を手玉に取る投手。夏の大会は故障でベンチ入りすることができなかったが、一条戦では5回参考ながら完全試合を成し遂げた。スタミナも十分にあり、「村上 頌樹に似ている」と井元康勝部長も期待を寄せている。

 藤本は左の技巧派投手。甲子園では一つもアウトを取れずに降板したが、それは苦手とするリリーフ登板が原因だったと小坂監督は見ている。適性のある先発で起用されれば、しっかり試合を作ってくれそうだ。

 他にも夏の甲子園でベンチ入りした田邉や「度胸が据わっている」と小坂監督が評価する中山 優月(1年)などが戦力として期待されている。西村、小畠のダブルエースが抜けても質、量ともに申し分ない陣容を整えられていると言っていいだろう。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。