17年の福井世代は後輩たちに大きな影響を与えた



泉口友汰(青山学院大)、山本ダンテ武蔵(國學院大)

 青山学院大の主将・泉口はそんな同世代の選手たちを誇りだと思っている。

 「めちゃくちゃ誇りです。当時から思っていましたが、同期は良いやつが多いなと思います。ふたを開けてみるとこれだけ幹部になっている選手がいるので、いいやつが多かったと再確認できました」

 また岩本は大阪桐蔭で学んできたことを大学野球の舞台で生かしているからだと考える。

 「3年間で西谷先生の教えをみんなが吸収して大学で頑張った結果と思います
個人が生まれ持ったものというよりかは、学んだことを生かして大学で頑張ったから多くの主将が生まれたのだと思います」

 山本ダンテ武蔵(國學院大)は、チーム側の配慮であえて役職につかず、一レギュラーとしてチームを引っ張るが、その存在感はリーダー級だ。練習では仲間たちに声をかけ、配球の読み方のアドバイスを送り、リーグ戦では三塁ベースに到達したダンテが打席に立った主将・福永 奨横浜出身)に声援を送っている姿も見られた。ダンテも西谷監督の指導があったからこそ、周りを引っ張れる人間性が身についたと分析する。

 「西谷先生自体がどこに行っても恥ずかしくない人間性を作るということを、目指してやっていました。僕たちはそれを信じてやってきたので、自然とそういう道になったのかなと思います」

 同志社大の副主将・東本は「レギュラーはもちろんですが、今回、大学で幹部となっている選手はみんなしっかりしていて、なるだろうと思っていました」と全幅の信頼を置く。

 この世代のまとまりは大阪桐蔭の後輩たちのお手本となった。春夏連覇を経験した青地 斗舞は「僕らの代の特徴は我が強くて、下級生の時はまとまりがなかったのですが、福井さんの代をお手本にすることで、チームとして個の力だけではなくチームとしてどうやったらいいのかを影響を受けました」

 今も福井は母校に熱いエールを送る。大学選手権優勝を果たした翌日、福井は大阪桐蔭のグラウンドまで赴き、現役選手たちを激励した。主将の池田 陵真は「最後の夏、自分たちの代では勝てなかったことを言われ、とにかく勝ちたいと思うことを、どこの高校よりも強く持つようにと言われました」と日本一への思いを強くした。

 この夏、苦しみながらも大阪大会を勝ち抜いた今年の大阪桐蔭。これまでの先輩たちが体現した束になって戦う姿勢を貫き、3年ぶりの日本一を目指す。

(取材・文=河嶋 宗一