10月はドラフト会議が行われ、新たなプロ野球選手の誕生で沸く月だが、同時に別れもある悲しい月にもなる。

 NPBでは10月から11月にかけて第一次戦力外通告が行われた。

 今年は松坂 大輔横浜出身)、斎藤 佑樹早稲田実業出身)と甲子園を沸かせた名投手2名が現役引退となった。

 今回は現役引退を決めた甲子園球児、野球人生の岐路に立った甲子園球児を紹介したい。

今村、歳内、飯塚 甲子園をわかせた投手も


 まずは今村 猛だ。清峰時代、2008年夏の甲子園で登板を経験し、その秋の九州大会を制して、明治神宮大会に出場。2009年の第81回大会センバツ甲子園では、1回戦、2回戦で完封。決勝では菊池 雄星擁する花巻東を完封して、優勝投手となった。

 その年のドラフトで広島から1位指名を受けた今村投手は高卒2年目からリリーフとして台頭。54試合に登板し、3勝8敗、2セーブ、13ホールド。3年目の12年は69試合登板で、2勝2敗4セーブ、26ホールド、防御率1.89と抜群の安定感を発揮した。

 セ・リーグ3連覇時に大きく貢献し、通算431試合、21勝30敗、36セーブ、115ホールド、防御率3.46、501.2回を投げ、468奪三振と一流投手としての実績を収めている。

 横浜DeNAベイスターズから戦力外を通告された飯塚 悟史は、中学時代から評判の速球派で、日本文理入学後もかなり期待を受けていた。

 速球にこだわるあまり、コントロールを乱すことも多かったが、2年秋からコントロール重視に転換。2年秋には北信越大会で優勝し、成長を見せる。13年の明治神宮大会では決勝戦の2発を含め計3本塁打。そのうち1本がバックスクリーンを大きく超える特大弾で、投打ともに凄まじいパフォーマンスを発揮していた。

 3年春センバツ初戦の豊川戦では延長13回184球の粘投。3年夏は甲子園4強入りし、日本代表も経験。横浜DeNAベイスターズでは通算2勝にとどまった。

 聖光学院出身で東京ヤクルトの歳内 宏明は現役引退を表明した。

 歳内は2年夏に甲子園出場。まず初戦の2回戦ではセンバツベスト4の広陵を5安打完封勝利。3回戦では山田 哲人擁する履正社と対戦し、完投勝利を挙げ、大きく話題となった。その年の千葉国体では多くの観客が詰めかけるなど、注目度の高さが伺えた。最後の夏では日南学園戦で10回を投げ16奪三振。さらに金沢戦では9回を投げ14奪三振。2試合19回で30奪三振とドクターKぶりを発揮した。

 さらに高校日本代表にも選ばれ、アジア選手権も経験。優勝に大きく貢献した。

 その年のドラフトで阪神からドラフト2位指名を受け、4年目には29試合登板を経験。2019年に戦力外となり、2020年は香川オリーブガイナーズでプレー。64回を投げて、76奪三振、防御率0.42、奪三振率10.69、K/BB 9.5、WHIP0.53、5完投、3完封と圧巻の投手成績を残し、東京ヤクルトへ復帰した。

 復帰1年目は復帰初勝利を挙げた。今シーズンは未登板に終わったが、プロ通算64試合3勝6敗4ホールド。140キロ台の速球、落差抜群のスプリットで翻弄する投球は忘れられない。第二の人生でも活躍を期待したい。