目次

[1]「ネクスト吉田正尚」として大きな期待
[2]腰痛を乗り越え141キロに到達

 オリックス・バファローズの吉田 正尚外野手(敦賀気比出身)や広島東洋カープの東出 輝裕コーチなど、これまで多くのプロ野球選手を輩出している名門中学野球チームが、福井県鯖江市で活動している鯖江ボーイズだ。
 2015年には日本少年野球選手権大会で見事優勝を果たし、「本気、全力、自立、公的」のチームポリシーの下、月曜日を除く週6日間の活動を行っている。

 そんな鯖江ボーイズに、中学野球屈指のサウスポーが現われた。


「ネクスト吉田正尚」として大きな期待


 チームは長年、鯖江市の西山公園グラウンドを本拠地としており、歩いて5分ほどの距離には室内練習場も完備。チームを率いる佐々木 昭弘監督曰く、室内練習場は選手にとって遊び場。休日である月曜日も、選手たちは室内練習場に集まって練習を行うため、佐々木監督も休む暇が無いと思わず苦笑いを浮かべる。

 そんな鯖江ボーイズに、佐々木監督も「見てきた中でナンバーワン」と口にする快速サウスポーが現われた。それが古谷 龍斗投手だ。
 177センチ・76キロ、鋭い腕の振りから投げ込まれる速球は最速141キロを計測し、この夏は日本少年野球選手権大会にも出場。ブレーキの利いた曲がりの大きなカーブとのコンビネーションも光り、佐々木監督は「ネクスト吉田 正尚」として大きな期待を寄せる。

「入団した当初から体も大きく、キャッチボールを見ていいもの持ってるなと思いました。体の線が細かったので、体づくりからじっくりと取り組みましたが、140キロが出たのは育てた中でも初めてですね。将来はプロ野球選手になって、吉田 正尚のように侍ジャパンに入れるような選手になってほしいです」

 小学校2年生からソフトボールを始めた古谷投手は、4年生の終わりからは少年野球チームの木田ネイビーブルーズに入団。投手として活躍を見せると、中学野球では「高いレベルの中でやりたい」と名門・鯖江ボーイズの門を叩く。
 入団後は、体作りをメインに練習に打ち込んだが、それでもいざ試合でマウンドに上がると頭一つ抜けた潜在能力を見せる。入団当初から120キロ近い直球を投げ込み、1年生の秋には130キロを計測した。

 古谷投手自身も、この頃から自身の投球に自信を持つようになったと振り返る。

「1年の11月頃に130キロが出て、その頃からストレートに手応えを掴むようになりました。当時はまだ体も細かったので、もっと力をつけてレベルの高い投手になろうと思いました」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。