目次

[1]回転寿司では30皿 パワーの源は圧倒的な食欲
[2]過去のU-15代表にも引けを取らない

 身長180センチ、体重87キロ、中学通算50本塁打、投げても最速135キロと規格外のスペックを誇る中学生が愛知にいる。
 名前はラマル・ギービン・ラタナヤケ。生まれも育ちも日本だが、スリランカ人の両親の間から生まれ、父のバンダーラ・ラタナヤケさんは高校時代にバレーボールのスリランカ代表に選ばれた経験を持つという。


回転寿司では30皿 パワーの源は圧倒的な食欲


 規格外のパワーが自慢だ。幼い頃から体は常に頭一つ抜けており、食べる量も周りとは歴然とした差があったという。小学校4年生の夏から本格的に野球を始めると、メキメキと頭角を現していき、小学校6年時には12本塁打。愛知港ボーイズに入団後も、右肩上がりに成長を続けてきた。

「中学校に入学して、チームに入った時から身長は170センチあり、体重も70キロくらいありました。1年生ではホームランを3本打つことができて、2年生では30本くらい、3年生でも20本近くは打っていて、どんどん自信がついていきました」

 パワーの源は、圧倒的な食欲と父の教えにある。食事では常に2、3人前は平らげるといい、中でも大好物なのはお寿司。回転寿司で30皿をぺろりと食べたこともあり、その大食漢ぶりにはチームを率いる堀田将司監督も苦笑い。
 また元アスリートである父バンダーラ・ラタナヤケさんからは、毎日練習を続けることの重要性を日々説かれ、チームの練習がない日でも、ほぼ毎日体は動かしているという。

「サボらずに毎日練習しろと、いつも口酸っぱく、めちゃくちゃ言われます。なので毎日3キロくらいはサボらずに走っています」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。