「3年力」で苦境跳ね返す!・鹿児島実



鹿実サヨナラ勝ち・板敷

 鹿児島実神村学園。県下屈指の強力打線を擁する両者の対戦は互いの持ち味を出し合いながら、3時間に及ぶ熱戦を繰り広げ、最後は劇的な幕切れが待っていた。

 先手を取ったのは鹿児島実。初回に4番・井戸田直也(3年)のセンターオーバー二塁打で先制し、2回は4つの四死球、押出しで追加点を挙げた。

 神村学園は初回から走者を出して押し気味に試合を進めるも、併殺や相手の好守に阻まれ得点できない。

 それでも3回表に今大会絶好調の1番・甲斐田 紘整(3年)のライトオーバー二塁打で1点を返す。6回は一死から連打、四球で満塁とし、7番・長谷 杏樹(3年)、8番・松岡 輝(3年)の連続長打で計4点を返して一気に逆転に成功した。

 神村学園先発のエース泰 勝利(3年)は3回以降、制球が安定し140キロ超の球威で鹿児島実打線に追加点を許さず、このまま神村学園が勝ち切りそうな雰囲気を感じた。

 だが鹿児島実が終盤意地を見せる。6回途中から右腕エース大村 真光(3年)を投入。失点を食い止めると7回裏は3番・城下 拡主将(3年)、8回は9番・福﨑浩志郎(3年)がいずれも二死からタイムリーを放って1点差に詰め寄る。

 9回裏は一死一二塁から5番・板敷昂太郎(3年)がライトオーバー二塁打を放って土壇場で同点に追いついた。
 なおも二三塁と一打サヨナラのチャンスだったが、泰が踏ん張って後続を断ち、試合は延長にもつれた。

 10回表、前の回で大村に代打が出たため鹿児島実は先発の赤嵜智哉(2年)を再びマウンドへ。7回以降追加点がなかった神村学園打線が一死から火を噴く。4番・前薗 奎斗主将(3年)、5番・中島 悠登(3年)が連打で出塁。途中出場の6番・上迫稜弥(2年)の送りバントが三塁悪送球を誘い満塁。6回に逆転打を放った7番・長谷がライトオーバー二塁打。長谷が二三塁間で挟まる間に一走も生還し、3点を勝ち越した。

 これで神村学園が勝機をつかんだかに思われたが、鹿児島実の底力は計り知れない。

 その裏、一死から連続四球、エラーで1点を返し、3番・城下、4番・井戸田の連続タイムリーで同点。最後は9回に同点打を放った5番・板敷がセンターオーバーの勝ち越しタイムリーを放ち、逆転サヨナラ勝ちで3年ぶりの決勝進出を決めた。