侍ジャパンU-15日本代表の優勝で幕を閉じたU-15アジアチャレンジマッチ。日本代表は3試合連続でのコールド勝ちを収めるなど、圧倒的な力を見せて優勝を勝ち取った。

 今年も中学野球トップレベルの選手が集まったU-15日本代表であったが、その中で全試合で3番打者を任されたのが八王子シニアの井坪 陽生(ひなせ)だ。八王子シニアでは、3番でエースを任されている井坪は、パワフルなスイングから繰り出す長打力が魅力で、また投手としても130キロ台を記録する直球を武器に活躍し、ジャイアンツカップベスト4に大きく貢献した。

 「一つ上の兄が八王子シニアに入ったので、自分も流れで入りました。八王子シニアは攻撃でどんどん点を取っていて勝っていくチームで、自分もミート力であったり打球を飛ばす力がついたなと思います」

 兄である井坪 朝陽日大三)の後を追うように、八王子シニアに入団した井坪。チームでは夏はバッティング、冬には体幹トレーニングを中心に鍛えていき、その中で日本代表でクリーンナップを任される程の打撃力を身に付けてきた。

 「バッティングでは、目標とする選手はいませんが、力強いパワーのある選手を目指しています。投手としてはダルビッシュ投手のように、色んな変化球を使って抑えていけるピッチャーになりたいと思っています」

 だが、全試合で3番を任されて優勝も飾った「U-15アジアチャレンジカップ」だったが、井坪は浮かない表情を見せていた。実は、大会では9打数1安打と本来の実力を発揮できず、悔しさの残る大会となったのだ。

 「バッティングでは力んでしまって自分の力が発揮できず、それが(3戦目まで)続いてしまいました。ピッチングでもあまり投げ込みができていなかったので、変化球があまり入らなかったと思います」

 井坪は今、この悔しさを晴らすのは高校野球の舞台しかないと強い思いを秘めている。
 全国から集まった高いレベルの選手たちとプレーしたことで、向上心はさらに高くなった。井坪は去り際に、高校野球に向けて強い意気込みを口にした。

 「この日本代表での経験を生かして、高校では積極的にやっていきたいと思います。 1年生からレギュラーを取って甲子園に出場できるように頑張りたいです」

 納得のできる結果ではなかっただろうが、端々で見せる強いスイングや、投手としても130キロ台を記録する身体能力は思わず目を引かれ、高校野球での活躍を期待させる「大器の片鱗」は十分に見せた。この能力が、高校野球で一気に花開くことを期待したい。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
未来の山村崇嘉、度会隆輝は?U-15アジアチャレンジマッチを総括
橿原ボーイズの岡西、酒井がU-15で奮闘 古谷監督も「日本代表としてよくやってくれた」
世田谷西シニアトリオがU-15代表で活躍 吉田監督は「この経験を活かして欲しい」