愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2019」。侍ジャパンU-15代表は、11月24日のチャイニーズ・タイペイ戦で10対0の5回コールド勝ちを収めて5大会連続優勝を達成した。

 今大会で日本代表の主将を務めた、橿原ボーイズの岡西 佑弥は大会を終えて「投手陣が頑張って守備からリズムを作って、打線もみんなが良いバッティングをしてくれたと思います。自分にとっても良い経験になり、高校に向けてとてもいい刺激になりました」と話すなど、充実の大会となった。

 所属する橿原ボーイズでは4番に座り投手も務めている岡西は、U-15日本代表の舞台でも2試合で4番を任されて7打数4安打4打点の大活躍。また投手としてもフィリピン戦で先発マウンドに立つなど投打で存在感を発揮した。

 「持ち味は、確実性のあるバッティングとしっかりとミートができるところです。 練習から、無駄のないバッティングを意識して一球目からしっかりとスイングできるように心掛けています」

 高校野球でも、投打で活躍していきたいと意気込む岡西。目標とする選手には、二刀流が代名詞となった大谷 翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)を挙げ、来春からスタートする高校野球に向けて意気込みを語った。

 「頑張ってレギュラーに入って、甲子園で活躍するような選手になりたいと思います。まずは1年生からベンチ入りして、最終的にはU-18日本代表に選ばれたいと思います」

 橿原ボーイズは荻野貴司(千葉ロッテ)や西浦 直亨(東京ヤクルト)など、これまで5名のプロ野球選手を輩出してきた名門チーム。甲子園に出場して活躍を見せる選手も多いだけに、岡西に懸かる期待も大きい。高校野球での活躍にも注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
未来の山村崇嘉、度会隆輝は?U-15アジアチャレンジマッチを総括
3年後のドラフトを目指せ!高校野球での活躍が楽しみな中学球児【投手編】
3年後のドラフトを目指せ!来年、ゴールデンルーキーが期待される中学球児【野手編】