11月22日から3日間、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2019」で、見事5大会連続の優勝を飾った侍ジャパンU-15代表。3戦全てでコールド勝ちを収めるなど、圧倒的な強さを見せての優勝だった。

 今回、奈良の強豪・橿原ボーイズからは、岡西 佑弥酒井 優夢の2選手が代表に選出され、古谷武士監督もコーチとして大会に参加。
 大会では岡西が主将としてチームをまとめただけでなく、2試合で4番を任されるなど中心選手として活躍。また酒井も、9打数6安打7打点の成績を残して堂々の最優秀選手賞を獲得するなど、代表選手の中でも特に大きな存在感を示した。

 大会後には古谷監督も、「予想以上に頑張ってくれて、非常に感心しています。うちのチームの選手だからという訳ではなく、日本代表のメンバーとして本当に良くやってくれたと思います」と話し、選手たちの活躍を手放しで誉めた。

 だが、選手たちの野球人生はこれで終わりではない。来春からは高校の進学し、高校野球の舞台で努力を続けることとなる。古谷監督はここで満足するのではなく、日本代表の経験を活かして更なる努力を重ねることを選手たちに求めた。

 「最後のミーティングでも言ったのですが、『U-15に選ばれて日本代表になったんだぞ』ではなく、侍ジャパン日本代表のメンバーとして戦ったからこそ、どういった振る舞いでやっていかなくてはならないのか、これからはそこをしっかりと考えて欲しいなと思いますね」

 卒業後は、全国的にも有名な強豪校へと進学予定という岡西と酒井。古谷監督の語るように、U-15日本代表の経験を活かして更なる飛躍を遂げることができるか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)