実力の東都。これは一部だけではなく、二部リーグにも当てはまる。17日、東都一部~四部までのリーグ戦が中止が決まり、通常開催を断念。大学選手権が開催される見通しになった場合、一部リーグでは代表校を決めるためのトーナメントを検討するという話になっているが、緊急事態宣言の真っ只中、全く見通しも立たない状況だという。

 それでも東都二部期待の新人を紹介したい。

【昨秋1位 拓殖大】
黒河 竜司英明
昨年の香川県を代表する右腕として注目を浴びた好右腕。2年春、センバツに出場。そして3年夏も香川大会決勝で敗れるも、10奪三振を記録。140キロ前半の速球、変化球の精度、コントロール、投球術ともに一級品の投手だ。

柳本 康希都立片倉
甲子園出場はないものの、ベースランニング、強肩、本塁打を打てるパワーと全国レベルのアスリート型プレイヤー。
躍動感溢れるプレーを魅せてくれる選手で、活動再開時は是非注目していただきたい選手。
 一部昇格を目指して取り組む二部6校も楽しみな新人が入部しました。そんな期待の新入生を紹介していきます。

【昨秋2位 青山学院大】
佐藤 英雄日大三
 2年夏に甲子園4強入りに貢献した強肩巧打捕手です。安定した守備力、リードセンスの高さを評価され、東京代表入り。木製バットを使ったキューバ遠征では打撃練習から快音を響かせており、大事な場面で長打を打つなど首脳陣の評価も高い選手。

中野 波来大阪桐蔭
 前年の大阪桐蔭の主将も加入しました。中学時代から投げては130キロ後半、打っては長打連発とスーパー中学生として活躍し、大阪桐蔭入学後は2年生から出場機会を増やし、2年秋から就任。春夏連覇を果たした翌年のチームということで重責はとてつもないものがあったそうですが、それを乗り越えてチームの中心打者として活躍した。走攻守全てにおいて能力は高く、将来の幹部候補として期待したい。

【昨秋3位 専修大】

太田 流星札幌大谷
太田は2018年秋の明治神宮大会優勝に貢献した右のアンダースローです。牧田和久投手の投球スタイルを参考にした太田は2年秋から主力投手として活躍し、北海道大会優勝。そして明治神宮大会・筑陽学園戦では8回まで無安打ピッチング。9回に安打を打たれたが、評価を大きく挙げました。

桑田 孝志郎広島新庄
桑田投手は高校1年時から140キロ台の速球を投げられる投手として評判でした。角度を生かした投球フォームから投げ込む速球は140キロを超え、変化球の精度も非常に高い。優勝を狙う専修大にとって頼もしい投手が入った。

【昨秋4位 日本大学】
兼子 将太朗習志野
昨年のセンバツ準優勝に貢献した大型捕手。早大に進んだ飯塚 脩人習志野)投手をうまくリードし、並み居る強豪を破り、さらにセンバツ2回戦の星稜戦では奥川 恭伸投手(東京ヤクルト)から本塁打を放つ活躍!大学でも正捕手を目指す。

野村 昇大郎二松学舎大附
 2年夏には、打率7割以上の打率を残して甲子園出場に貢献。俊足でさっそうとベースを駆け抜け、ライトからの守備でも強肩を披露する。走攻守すべてにおいて東京都の外野手ではトップクラスのプレイヤーとして注目された。2018年12月には東京都代表として、キューバ遠征へ。木製バットでもガンガン本塁打級の打球を飛ばしていた。

【昨秋5位 国士舘大】
 重吉 翼日本航空石川)投手は1年秋に明治神宮大会に出場。当時から140キロ近い勢いのある速球を投げ込んでいました。最終学年には147キロまでレベルアップ。プロ注目右腕として注目された。この4年間でドラフト上位を狙える投手へ成長できるか楽しみです。

 鈴木虎我(東海大甲府)は2年秋の関東大会では習志野戦で本塁打。投手としても142キロを計測するなど、投打ともに能力が高い。大学では野手に専念。強肩強打の大型三塁手として注目。

【昨秋6位 大正大】

 最後は昨秋入れ替え戦に勝利し、二部へ昇格した大正大は甲子園出場組が4人もいます。その中で2人紹介したいと思います。

金森 優関東一
二遊間として活躍し、特に守備は東農大に進んだ渋谷嘉人に負けないスピードがありました。打撃も成長を魅せており、大学ではさらなる飛躍が期待できそうだ。

大竹 隼平八千代松陰
プロ入りした長岡 秀樹とともにクリーンナップを打ち、強打を発揮した左打ちの外野手です。さらに強肩で、潜在能力は非常に高いものを持っている。

果たして東都二部に入学した逸材はこの4年間でどこまで成長していくのか、楽しみにしたい。


関連記事
緊急事態宣言が出た時点で中止は覚悟していた…。東都大学野球連盟のマネージャーの反応
甲子園球児・ドラフト候補多数!戦国東都・一部リーグ注目の新入生12名!
東都奪三振王は東浜巨(沖縄尚学-亜大)!東都リーグ通算奪三振記録上位7傑は名投手がズラリ!