2015年の阪神タイガースジュニアは智辯和歌山の中谷仁監督が率いていたチームだった。その後を追っていくと、強豪校で活躍している選手が多い。

藤本 龍磨(広陵
長谷川 康生(玉井商工)
石平 創士智辯和歌山
髙嶋 奨哉智辯和歌山
勝田 成(関大北陽
阿竹 真士朗敦賀気比
松下 恵富京都国際
高橋 令智辯和歌山
徳丸 天晴智辯和歌山
木村 光太(立命館宇治
熊谷 球太(須磨学園
清水 心空(福知山成美
中尾 拓翔(近大附
谷 洸斗(日本航空
真鍋 颯履正社

 中谷監督に憧れて、智辯和歌山に入学した選手が多く、世代を代表するスラッガー・徳丸選手、和歌山大会で代打3ランを放った石平、好左腕・高橋、名将・高嶋監督の孫である髙嶋 奨哉もいる。その他にも関西の強豪校へ続々進んでいる。

 それでも阪神ジュニアで中谷監督とともにプレーした選手が最後の夏で甲子園に出場するのはドラマチックな話である。ぜひ甲子園でも活躍を見せることを期待したい。

(記事:河嶋 宗一)