2ページ目にリストを掲載中!】

 日本高校野球連盟は17日、プロ野球志望届提出者リストを更新。この日は11名の提出者がリストに加わった。

 千葉学芸有薗 直輝は高校通算70本のスラッガー。投げては最速148キロ右腕としても活躍するなど、素質の高さは評価されている。1年夏から本塁打を放つなど、早くからプロスカウトから注目を集めていた。内野、外野問わず守れる打者として、将来性は抜群だ。

 敦賀気比前川 誠太内野手は、強肩強打のショート。今年、春夏と甲子園に出場し、5番として出場した夏は3試合で10打数4安打、打率4割をマークした。父宏文さんは北嵯峨で甲子園に出場した元球児。

 御影山下 陣平投手は進学校からプロ入り目指す、最速143キロ右腕。

2ページ目にリストを掲載中!】