プロ野球記録に並ぶ47ホールドを達成した東京ヤクルトスワローズのプロ3年目・清水 昇帝京出身)。

 2年連続での最優秀中継ぎ賞も確定しているが、國學院大時代は、最速151キロを計測した速球と制球力の高さを活かした投手として活躍。大学日本代表にも選出され、ドラフト1位でヤクルトにも入団しており、能力の高さは世代屈指である。

 そんな清水の糸を引くような美しい軌道がおさめられたキャッチボールやピッチング映像。さらに自身のピッチングフォームの解説などを紹介した映像を高校野球ドットコムの公式チャンネルで絶賛配信中である。

(動画を見る)