2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 22日、秋季岐阜県大会は長良川球場で準決勝2試合が予定されている。4強入りを決めたのは中京県立岐阜商岐阜第一大垣日大の4校。東海大会は上位3校に出場権が与えられており、ここを勝てば出場が決まる。

 第一試合では岐阜第一中京が対戦。春の決勝戦と同カードで、春は中京が7対2で岐阜第一を下しており、岐阜第一は雪辱戦となる。第二試合では2020年夏の甲子園交流戦を含め4季連続で甲子園出場を目指す県立岐阜商大垣日大と対戦する。秋の東海大会は2年連続準優勝を果たしており、3年連続の東海大会進出がかかっている。

 決勝戦へ駒を進め、東海大会の切符を掴むのはどのチームか。3位決定戦・決勝戦は翌23日に予定されている。

(記事:編集部)

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第74回 秋季岐阜県高等学校野球大会

■10月22日の試合

第74回 秋季岐阜県高等学校野球大会

第74回 秋季岐阜県高等学校野球大会
準決勝 中京    4  -  1    岐阜第一 長良川球場 応援メッセージ
大垣日大    8  -  2    県立岐阜商 長良川球場 応援メッセージ