今回は埼玉県屈指の実力校・武南を訪問。秋は地区予選で姿を消したものの、今夏は埼玉大会でベスト16進出。県内屈指の強豪・昌平とも打ち合いを演じてみせた。

 今年は最速144キロを計測する速球派右腕・石橋 凪仁を中心に経験者が残るチームとなっているが、どういった選手がいるのか。さらに専用グラウンドを持たない武南がいかにして、激戦区・埼玉県で安定した結果を残せているのか。

 チームの主力選手の紹介はもちろん、限られた環境で結果を残せる理由について語った動画は、高校野球ドットコムの公式チャンネル内で配信中である。

(動画を見る)