2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 24日で秋季東京都大会は3回戦が終了。ベスト8が出揃い、来春の都大会のシード校が確定した。まずは顔ぶれをおさらいしたい。

<東東京>
二松学舎大附
帝京
修徳
関東一

<西東京>
東海大菅生
日大三
國學院久我山
都立狛江

 8校とも今大会はシード校として参加しており、順調に勝ち上がってきたと言っていいのではないだろうか。

 ここから東西で内訳を見ると、バランスよく4校ずつが勝ち残っていた。
 特に東東京は、今夏の準決勝まで勝ち残った顔ぶれと全く同じと、世代が代わっても強さを維持している。なかでも関東一修徳は次戦で対戦することが決まっており、準決勝以来の再戦となる。注目の一戦となりそうだ。

 2季連続甲子園を狙う二松学舎大附、さらに金田新監督のもとで勝ち上がってきた帝京も楽しみだ。

 西東京は3季連続甲子園を狙う東海大菅生日大三。さらに2019年の西東京代表・國學院久我山に、急上昇中で唯一の都立高・都立狛江となった。

 東海大菅生はここまで都大会3試合すべてコールド勝ちと順調に勝ち上がってきた。ただ次戦は日大三が立ちふさがる。準々決勝の注目カードであると同時に、今大会を占う一戦となるのではないだろうか。

 國學院久我山都立狛江とともに存在感が近年際立っている両チームも、準々決勝でどういった野球を見せるか注目だ。

 準決勝からは神宮球場に舞台が移る。優勝までは残り3勝となる準々決勝は30、31日の2日間で行われる。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会の詳細・応援メッセージ
2021年度 秋季東京都高等学校野球大会

■10月30日の試合予定

2021年度 秋季東京都高等学校野球大会

2021年度 秋季東京都高等学校野球大会
準々決勝 國學院久我山    7  -  4    帝京 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
日大三    8  -  7    東海大菅生 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ