観戦記事(10/30,31)

【スリーボンドスタジアム八王子】
日大三vs東海大菅生 NEW!
日大三・村上の中前安打でサヨナラ勝ち!東海大菅生3季連続の甲子園出場ならず
ライバル同士の因縁対決は、打ち合いの末に日大三が勝利した。初回からホームランが飛び出すなど、試合開始から日大三打線が奮起。中盤にリードを奪い主導権を握ると、一時同点にされるもサヨナラ勝ち。東海大菅生の3季連続甲子園出場を阻んだ。

國學院久我山vs帝京 NEW!
國學院久我山 4人の投手をつないで、逆転で帝京を破る
國學院久我山が継投策で帝京打線を4点に食い止め、11年ぶりに秋季都大会でベスト4進出を果たした。試合は初回に帝京が3点を奪ったが、3回に下川邊 隼人の一打などで國學院久我山が追い付き、3回に逆転成功。その後、じりじりと差を広げ、7対4で勝利した。

二松学舎大附vs都立狛江 NEW!
二松学舎大附 逆転で準決勝進出!落ち着いた投球の都立狛江・山﨑の健闘光る
東東京代表・二松学舎大附が、接戦の末に新鋭・都立狛江を下してベスト4入りを果たした。試合は、都立狛江が先取点を奪うも、二松学舎大附は4回に瀬谷 大夢らのタイムリーで逆転に成功。その後、試合は投手戦となるが、二松学舎大附都立狛江に同点、逆転を許すことなく勝利した。

関東一vs修徳 NEW!
関東一 先発全員安打に足技で修徳に5回コールドの圧勝
夏の東東京大会でも対戦した両校の再戦は、関東一に軍配が上がった。2回に須藤 彪の一打などで一挙7得点を上げて主導権を奪った関東一は、修徳に寄せ付けることなく圧倒。11対1の5回コールドでベスト4入りを果たした。