2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 来年のセンバツ出場につながる秋季九州地区大会は12日、決勝が行われ、九州国際大付(福岡)が12対6で大島(鹿児島)に圧勝し、18年春以来、3度目の九州チャンピオンに輝いた。20日からの明治神宮大会に出場する。

 九州国際大付は序盤から自慢の打撃を発揮した。初回に1点を先制すると、2回に4連打と、6番白井 賢太郎(1年)の満塁弾も飛び出し、一気に8得点。早々に試合を決定づけた。

 結局15安打12得点と、3試合連続2ケタ得点を奪った。先発の背番号2、主将の野田 海人(2年)が自己最速を更新する146キロをマークするなど好投を見せ、大島打線を7回1失点に封じた。

 大島の絶対的左腕エース、大野 稼頭央投手(2年)は、準決勝に続いてこの日も1番センターでスタメン出場。ここまで467球を投げていることで先発は回避していた。先発前山 龍之助(2年)から武田 涼雅(2年)への継投策は、九州国際大付の強力打線の前に沈んだが、打線は1発を含む2ケタ15安打と意地は見せた。

 九州大会4戦6発43得点で優勝した九州国際大付は、九州地区代表として出場する明治神宮大会初戦で、クラーク記念国際(北海道)と対戦する。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第149回 九州地区高等学校野球大会

■11月12日の試合

第149回 九州地区高等学校野球大会

第149回 九州地区高等学校野球大会
決勝 九州国際大付 12  -  6    大島 平和リース球場(県立鴨池) 応援メッセージ