首都大一部に所属する日本体育大。近年、投手王国と呼ばれているように、18年から20年にかけて3名のドラフト指名投手を輩出。そして今年、社会人経由で柴田 大地投手(日体荏原-日本体育大-日本通運)がヤクルト3位指名を受けた。こうした実績もあり、近年は全国レベルの好投手たちが続々入部している。

 今回はそんな新入生たちを紹介したい。今回は投手合格者12名のうち、9名の投手をピックアップした。

 甲子園優勝を果たした智辯和歌山からは右腕・伊藤 大稀投手が入部。この夏から大きくブレイクした投手で、最速147キロの速球と切れのあるスライダーで、ゲームメイクできるのが特徴。和歌山大会決勝、甲子園大会決勝の先発のマウンドに登った。安定感も高く、下級生でも活躍が期待できそうだ。

 新入生では近年で最も大物といえるのが関戸 康介投手。明徳義塾中時代から注目を浴びていた関戸だが、大阪桐蔭に進学し、150キロ台のストレートを投げられるまでに成長するが、怪我もあり不調が長引き、最後の1年では公式戦の登板がほとんどなかった。日本体育大の環境の元、関戸はドラフトの目玉へ成長できるか。

 帝京出身の安川 幹大投手も素材は抜群。軟式出身の安川は帝京の環境で成長を見せた。140キロ前後の速球は伸びがあり、落差が鋭いフォークで三振を奪う好投手。4年後には東京ヤクルトで活躍する帝京出身の先輩、清水 昇投手のような活躍を期待したい。

 四国地区では阪神1位・森木 大智投手(高知)に続く速球派右腕として見られていた篠原 颯斗投手(池田)も、最速149キロの速球と鋭い変化球を武器に、この夏は優勝候補・鳴門(徳島)を破るなど、評価を上げた。竹内 太一投手(高知商)も、長身から投げ込む140キロ前後の速球が魅力だ。

 仙台育英(宮城)の松田 隆之介投手は、速球こそ140キロ前後そこそこだが、チーム一の制球力、ストライク率を誇る好投手で、日本体育大ではさらにパワーアップを遂げ、ドラフト候補へ成長できるかに注目したい。中嶋 太一投手(桐光学園)は最速148キロを誇る速球派右腕で、今年、春季関東大会でも好投を見せた。落差が鋭いフォークも魅力的で、今年高卒でドラフト指名を受けた投手と比較しても遜色ない。日本体育大合格者の中では1、2を争うポテンシャルの高さを持つ。4年後はドラフト上位を狙える器を持った投手だ。岡田 凛太郎投手(日体大柏)は今年の合格者の中では貴重な左投手。135キロ前後だが、切れのあるクロスファイヤーとスライダー、チェンジアップの投げ分けが上手い。本格派右腕のワトリー・ジャイヤー・イシメール投手(京都外大西)は、この夏の京都大会で好リリーフを見せた。