来年春のセンバツ出場をかけ、各地区で行われた秋季大会は終了したが、例年注目される21世紀枠については、絞り込み作業は始まっている。すでに、北海道をのぞく各都道府県の推薦校が発表され、12月10日に北海道を含め各地区1校ずつの推薦校9校が決定。そのなかから、来年1月28日に開かれる選考委員会で最終的に出場3校が決まる。

 選考の基準としては、秋季都道府県大会のベスト16以上(加盟校129校以上の都道府県についてはベスト32以上)の成績を収めている高校が対象で、ハンディの克服、学業との両立、地域への貢献などが加味されて決まっていく。各地区の推薦校はどのチームになる可能性が高いのか。今秋の戦績や近年の成績などを振り返ってみる。

 東北地区の前年推薦校は八戸西。昨年秋季青森大会準優勝で東北大会でベスト8に入った。今年、日本高野連から発表された東北地区の各県の推薦校は以下の通り(▲は私立)。

青森 弘前南(ベスト4)
岩手 久慈東(準優勝)
秋田 大館桂桜(準優勝)=辞退
山形 創学館▲(ベスト8)
宮城 東北学院榴ケ岡▲(ベスト8)
福島 只見(ベスト8)

 私立高校は過去1校しか選ばれたことがないためやや不利と考えると、弘前南(青森)久慈東(岩手)只見(福島)の3校から選ばれるのが有力だろう。

 弘前南は今秋県大会で優勝した91年以来、30年ぶりに4強入りした。伝統校の三沢相手に9回4点差を逆転するドラマを演じた末の快挙だった。市内有数の進学校でもあり、部員の多くが国公立大への進学を希望しているという。

 久慈東はハンディを乗り越えて岩手県で準優勝し、東北大会に出場した。グラウンドは他の部と兼用で、照明設備も不十分と環境は十分でないながらの好成績はポイントが高いだろう。久慈市からの要請を受け、野球教室の開催やアルバイト活動を行うなど地域への貢献度も高い。

 只見も地域性からくるハンディを乗り越えた。学校が豪雪地帯の奥会津地域にあり、冬は室内練習場がないため体育館での練習が主になる中、近年では飛躍的な県ベスト8の成績を収めた。過疎化が進む地域だけに学校には山村留学制度があり全国から生徒を募集しているが、野球部にもこの制度を利用している部員がいる。

 3チームの今年の秋季大会の戦績と近年の成績は以下の通り。

弘前南
★今秋季大会戦績
 <青森県大会>
 1回戦:9-5 木造
 準々決勝:5-4 三沢
 準決勝:0-10 青森山田(5回コールド)
 3位決定戦:0-5 東奥義塾
★近年の最終成績
21年夏 3回戦敗退
21年春 弘前地区予選初戦敗退
20年秋 弘前地区予選初戦敗退
20年夏 3回戦敗退※独自大会
19年秋 県大会初戦敗退
19年夏 3回戦敗退

久慈東
★今秋季大会戦績
 <岩手県大会>
 1回戦:7-6 水沢
 2回戦:7-5 水沢工
 準々決勝:8-2 盛岡三
 準決勝:3-2 花巻南
 決勝:9-19 花巻東
 <東北大会>
 2回戦:0-11 能代松陽
★近年の最終成績
 21年夏 3回戦敗退
 21年春 県大会初戦敗退
 20年秋 県大会初戦敗退
 20年夏 県北地区代表決定戦敗退※独自大会
 19年秋 県北地区代表決定戦敗退
 19年夏 4回戦敗退

只見
★今秋季大会戦績
 <福島県大会>
 2回戦:2-1 白河旭
 3回戦:7-6 相馬東
 4回戦:7-5 会津学鳳
 準々決勝:0-6 いわき光洋
★近年の最終成績
 21年夏 3回戦敗退
 21年春 会津支部予選敗者復活2回戦敗退
 20年秋 会津支部予選敗者復活1回戦敗退
 20年夏 初戦敗退※独自大会
 19年秋 会津支部予選敗者復活1回戦敗退
 19年夏 初戦敗退