来年春のセンバツ出場をかけ、各地区で行われた秋季大会は終了したが、例年注目される21世紀枠については、絞り込み作業は始まっている。すでに、北海道をのぞく各都道府県の推薦校が発表され、12月10日に北海道を含め各地区1校ずつの推薦校9校が決定。そのなかから、来年1月28日に開かれる選考委員会で最終的に出場3校が決まる。

 選考の基準としては、秋季都道府県大会のベスト16以上(加盟校129校以上の都道府県についてはベスト32以上)の成績を収めている高校が対象で、ハンディの克服、学業との両立、地域への貢献などが加味されて決まっていく。各地区の推薦校はどのチームになる可能性が高いのか。今秋の戦績や近年の成績などを振り返ってみる。

 関東地区の前年推薦校は石橋(栃木)。栃木大会で準優勝し、関東大会に出場(初戦敗退)した。今年、日本高野連から発表された関東地区の各県の推薦校は以下の通り(▲は私立)。

茨城 下妻一(ベスト4)
栃木 高根沢(ベスト4)
群馬 太田(ベスト8)
埼玉 上尾(ベスト4)
山梨 甲府一(ベスト8)
千葉 千葉黎明▲(ベスト8)
東京 都立狛江(ベスト8)
神奈川 日大高▲(ベスト8)

 私立強豪チームが多く、公立校で上位に進出することが特に難しい地区で、3校が有力候補と思われる。

 コンスタントに成績を収めていることもあり、群馬の太田の名前が挙がる。今秋は県ベスト8だが今年の春夏ともに4強に進んだ。県内屈指の進学校で、文武両道を掲げながら、結果を残している点でも評価される。今春は甲子園常連校で県トップクラスの前橋育英にコールド勝ちしたことでインパクトは大きい。

 また、同じ県有数の進学校として有名な茨城・下妻一も候補。野球部も文武両道をかかげ、コロナ禍による約1カ月の部活動全面禁止期間を乗り越えて今秋に40年ぶりの4強入りを果たしたポイントは高い。

 東京という激戦区で、都立高校ながら今夏、秋と2季連続で8強入りを果たした都立狛江も忘れてはいけない。練習時間も限られるなか練習を工夫。「意識」の高い練習で鍛えてきた。その成果は、都大会での終盤の粘りにつながり、1回戦から9回サヨナラ勝ち、延長戦勝利、9回追いついて延長でサヨナラ勝ちという劇的勝利につながった。同じチームではなく、夏秋とチームが変わっても結果を残した点は評価されるだろう。

 3チームの今年の秋季大会の戦績と近年の成績は以下の通り。

太田
★今秋季大会戦績
<秋季群馬大会>
1回戦:12-2 館林商工(7回コールド)
2回戦:10-3 富岡(7回コールド)
3回戦:4-1 桐生工
準々決勝:2-7 健大高崎
★近年の最終成績
21年夏 ベスト4
21年春 ベスト4
20年秋 初戦敗退
20年夏 2回戦敗退(※独自大会)
19年秋 2回戦敗退
19年夏 初戦敗退

下妻一
★今秋季大会戦績
<秋季茨城大会>
県西地区代表決定戦:12-0 坂東清風(5回コールド)
2回戦:5-1 科学技術学園日立
3回戦:5-4 水戸葵陵
準々決勝:7-5 つくば国際大
準決勝:5-13 藤代
3位決定戦:0-10 土浦日大
★近年の最終成績
21年夏 3回戦敗退
21年春 2回戦敗退
20年秋 初戦敗退
20年夏 3回戦敗退※独自大会
19年秋 2回戦敗退
19年夏 4回戦敗退

都立狛江
★今秋季大会戦績
<東京都1次予選>
予選:9-0 自由ケ丘学園(7回コールド)
予選:9-0 都立千歳丘(7回コールド)
<東京都大会>
1回戦:2-1 中大杉並
2回戦:8-6 都立国立
3回戦:6-5 明大中野八王子
準々決勝:2-4 二松学舎大附
★近年の最終成績
21年夏 ベスト8
21年春 (1次予選中止)
20年秋 1次予選敗退
20年夏 初戦敗退
19年秋 1次予選敗退
19年夏 4回戦敗退