来年春のセンバツ出場をかけ、各地区で行われた秋季大会は終了したが、例年注目される21世紀枠については、絞り込み作業は始まっている。すでに、北海道をのぞく各都道府県の推薦校が発表され、12月10日に北海道を含め各地区1校ずつの推薦校9校が決定。そのなかから、来年1月28日に開かれる選考委員会で最終的に出場3校が決まる。

 選考の基準としては、秋季都道府県大会のベスト16以上(加盟校129校以上の都道府県についてはベスト32以上)の成績を収めている高校が対象で、ハンディの克服、学業との両立、地域への貢献などが加味されて決まっていく。各地区の推薦校はどのチームになる可能性が高いのか。今秋の戦績や近年の成績などを振り返ってみる。

 東海地区の前年推薦校は三島南(静岡)。20年秋季静岡大会で伝統校の静岡に勝利してベスト4の成績を収めていた。今年、日本高野連から発表された東海地区の各県の推薦校は以下の通り(▲は私立)。

静岡 科学技術(ベスト8)
愛知 春日丘▲(ベスト4)
岐阜 大垣南(ベスト16)
三重 相可(ベスト8)

 今年の秋の東海大会で、静岡の日大三島聖隷クリストファーの2校が決勝に進出。一般選考で東海地区で選出される可能性が高いことを考えれば、21世紀枠で静岡から3校目選出の可能性は低い。

 地域性も考慮すると、公立の岐阜の大垣南か、三重の相可か。大垣南は学業面での進学の実績に加え、学校行事の通学路における清掃活動の中心を野球部が担っていることは評価できる点だろう。今秋はベスト8に届かなったが4回戦では優勝した中京に惜敗。実力も十分だと考えられる。

 相可は1963年、79年、83年の夏に過去3度甲子園を経験している古豪だが、近年は甲子園からは遠ざかっている。今秋は地区予選を突破すると、三重大会では2試合連続2ケタ安打をマークしてベスト8入りした。野球部員は国家資格の測量士の受験、地元の特産・松阪牛の肥育にも取り組んでいることもあり、全体としてどう評価されるか。

 2チームの今年の秋季大会の戦績と近年の成績は以下の通り。

大垣南
★今秋季大会戦績
2回戦:11-3 大垣養老
3回戦:5-3 多治見工
4回戦:2-4 中京
★近年の最終成績
21年夏 初戦敗退
20年秋 初戦敗退
20年夏 2回戦敗退※独自大会
19年秋 初戦敗退
19年夏 初戦敗退

相可
★今秋季大会戦績
<松阪・牟婁地区予選>
地区1次予選:7-2 飯南
地区1次予選:1-4 松阪
地区2次予選:3-2 紀南・鳥羽・志摩・南伊勢
地区2次予選:12-2 飯南
地区2次予選:8-6 松阪
<三重大会>
1回戦:8-3 木本
2回戦:11-4 高田(8回コールド)
準々決勝:1-9 津田学園(7回コールド)
★近年の最終成績
21年夏 初戦敗退
21年春 地区予選敗退
20年秋 地区予選敗退
20年夏 2回戦敗退
19年秋 地区予選敗退
19年夏 3回戦敗退