高校野球ドットコム

卒業生
渡邊 充

渡邊 充(工学院大附)

都道府県:
高校:
学年:
2020 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
187 cm
体重:
90 kg
データ最終更新日:2018年7月19日

短評

試合レポートから抜粋
 東京都でも知る人ぞ知る大型右腕・渡辺充(工学院大附)。190センチ89キロと規格外の体型は一目で目に付く。NPB球団のスカウトも足を運び、注目が集まった初回のピッチングは三者凡退に抑える。渡辺はどっしりとした下半身、しなやかな肩肘と投手として理想的な体型。左腕のグラブを斜めに掲げて、内回りのテークバックからトップを作り、リリースに入る。まだ回旋が弱いのが気になるがそれでも常時130キロ前半(最速136キロ)ながら重量感たっぷりのストレートは確かに非凡なものがある。スライダー、カーブを適度に投げ分けながらピッチングを構成する。

 渡辺にとっては昨秋の国士舘戦以来のマウンド。最初は硬く、120キロ後半の速球もあったが、徐々に肩にほぐれ、135キロ前後の速球を投げ込んで、勝負していく。総合力的には今年の東京でも上位に入るものは見せてくれた。素材の奥行きに関しては同じ大型右腕の廣澤 優日大三)にひけをとらないものがある。
投げては渡辺が8イニングを投げ、5奪三振、1四死球、92球、無失点の好投。8回でも135キロを計測し、完封勝利を挙げ、都大会進出を決めた。

渡辺は試合後、

「今日はボールのばらつきが激しくて、まだまだでしたが、後半にかけて指のかかりが良くなっていたので、この感覚を維持して、都大会にかけてしっかりと出力を高めるようにしたいです」
言葉1つ1つから意識の高さがうかがえる渡辺。雨宮監督からも「探求心の高さは素晴らしい」と評されるように、11月に参加した東京代表のセレクションは渡辺にとって大きなきっかけとなった

「代表に選ばれた投手と僕を比較してすごい差があると感じたことはないです。ただ1人だけすごかったのは井上 広輝日大三)。井上のストレートを見て、トレーニングをさらに真剣に打ち込もうと思いました」

当時はケガ明けで、7割ほどの力しか投げられなかった井上だが、それでも140キロ台のストレートを投げ込む井上の存在は渡辺の向上心をかきたてた。
 冬場は体幹トレーニング・ランニングをメインに取り組んできた。一冬超えて、「今では秋で全力で投げていたボールが今ではそれほど力を入れなくても、秋で投げたマックスのボールを投げられている手ごたえは感じています。ただ、多くの方に指摘されているのですが、まだ強いストレートは投げられていないです」

 だからこそ都大会初戦の佼成学園戦は大事なマウンドとなる。
「ベストな調子ではないと抑えられない相手だと思いますし、それを出せるように調整していきたいです」

 渡辺にとって真価が問われるのは都大会以降となるだろう。残り10日あまりで渡辺はさらに調子を上げ、一次予選よりも成長したピッチングを見せることができるか。

情報提供・文:2019.03.21  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事