高校野球ドットコム

卒業生
谷 幸之助

谷 幸之助(関東一)

都道府県:
高校:
学年:
2020 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/左
身長:
176 cm
体重:
82 kg
データ最終更新日:2018年11月17日

短評

 東東京屈指の速球派右腕。強靭な上半身の強さを生かし、鋭い腕の振りから常時140キロ台のストレートを投げ込む。そのスピード能力は素晴らしく、同じ腕の振りから繰り出すスライダーの切れ味も悪くない。ただ一本調子で調子の波が激しいのが課題だったが、谷自身、どう修正すればいいかわかっている。
 谷は「打たれた日大戦から1週間。修正できるところはすべてやってやってきました」と語ってくれた。本番では見違えるような速球を投げ込んでくれるか楽しみだ。 インタビューから抜粋

 11月25日、日大三戦。第2試合で先発した谷は甲子園4強の日大三の3年生たちに自信あるストレートを投げ込んだ。

 「打たれて当たり前だと思って投げていたので、楽に投げられたと思います」



 常時138キロ~142キロのストレート、120キロ前後の縦横のスライダーを織り交ぜ、日大三打線相手に好投。打者6人に投げて、1奪三振、1失点。この結果に前田監督は「関東一の監督の米澤君が、谷は波がありますよといっていたんですけど、今日は良かったですよ」と内容を評価していた。



 波がある。谷はそれを自覚して、安定感を求めてピッチングを追求してきた。左腕を高く突き上げて、真っ向から振り下ろすオーバーハンドは角度ある球威あるストレートを生み出すが、一方でリリースポイントが安定せず、コントロールが不安定になる。谷自身、その欠点は八王子シニア時代から自覚していた。そのための修正方法として心掛けていたのは右腕の使い方だ。

 「テークバックの時に右ひじを無駄なくトップに持っていくことです。そうすることで、リリースポイントも安定してボールを前で離せます」



 だがなかなかうまくいかない。この秋は大会前に146キロをマークするなど状態の良さは示したが、秋の大会では不安定なピッチングが続き、敗れた国士舘戦では2.1回を投げ、3四球、6安打、3失点を喫し、思うようなピッチングができなかった。

 大会後、米澤監督から「チームが強くなるには、お前が変わらないといけない」と言われ、ピッチングの考えを改めた。ずっと悩んでいたフォームの修正については「コロコロ変えるのは辞めて、これだと思ったフォームを貫くことにしました」



 余計な雑念を消した。直近の練習試合でも安定した内容を残し、東京代表として、この試合を迎えたのであった。代表入りが決定し、米澤監督からかけられた言葉は

 「何かを感じて、チームに帰ってこい」

しっかりと感じて、チームに戻ってこれるか。

情報提供・文:2018.12.16  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事