高校野球ドットコム

卒業生
野崎 師

野崎 師(都立小平西)

都道府県:
高校:
学年:
2020 年卒
ポジション:
投手
投打:
左/左
データ最終更新日:2018年11月23日

短評

都立小平西のエース・野崎 師(2年)が春へ向けてリベンジを向かった。
 野崎にとってこの秋、「自信」と「痛恨」を味わった大会となった。まず「自信」。それは一次予選・1回戦では日大鶴ヶ丘戦のこと。野崎は8回まで投げて2失点の好投で、夏の準優勝・日大鶴ヶ丘を破る原動力となった。
 野崎はこのピッチングを振り返って、「正直、調子は良くなかったのですが、それでも勝てたというのは自信になりました」と不調ながら勝ちをつかんだことに手ごたえを感じた。

 しかしシード権を狙った國學院久我山戦は苦しいピッチングとなった。立ち上がりから制球に苦しむ、1.2回を投げて9失点で降板となった。野崎は
「とにかくコントロールが全く。ピッチングができず悔しい思いをしています」と唇をかんだ。

 だがポテンシャル自体は高いものを持っている。右腕のグラブを高く掲げてから真上から振り下ろす投球フォームから投げ込む直球は常時125キロ~130キロを計測し、110キロ台の独特の曲がりを見せるカーブはなかなかの精度がある。縦の軌道で勝負する投手であり、将来的には140キロ台を狙える可能性を持っているだろう。冬へ向けて國學院久我山レベルの強力打線を抑えるストレート、変化球の精度を高めることが大事となる。

 野崎のやるべきことは決まっている。
「ストレートのスピードアップとコントロールの改善です。どんな場所でも、雰囲気でも対応ができて、強豪校を破る投手になりたいと思います」

 目標とする松井 裕樹(東北楽天)。思えば右腕を高く掲げてから投げ込む投球フォームは確かに松井と被るところはある。

 2019年、都立の星へ。大化けするために野崎は勝負の冬に挑む。

情報提供・文:2018.10.13  河嶋 宗一
  • 2018 年 10 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事