高校野球ドットコム

徳丸 天晴

徳丸 天晴(智辯和歌山)

都道府県:
高校:
学年:
3 年
ポジション:
外野手
投打:
右/右
身長:
185 cm
体重:
88 kg
データ最終更新日:2020年3月13日

寸評

 今年の2年生を代表するスラッガー・徳丸天晴。高校通算10本塁打だが、2年生になればさらに本塁打を量産できる可能性を持っている。それでいて投手としては140キロを超える。鈴木誠也、もしくは和製ジャッジになってほしい選手だ。

(打撃)
 外側のボールを強く巻き込んでレフト方向へ長打を連発するスラッガー。打球の速さ、飛距離はレベルが違う。

 スタンスはスクエアスタンス。グリップを高く置いて構えている。投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、左足を高く上げてインステップ気味に踏み込んでいく。

 トップの動きを見ていくと、グリップの位置が体の後ろに入っている。気になるのは外角球を裁こうという意識が強すぎて、背番号が見えすぎている。そのため振り幅が大きく、ヘッドが遠回りするスイングとなっている。そのためインコースに対しては窮屈になっており、調子が悪い時はヘッドが上がり、スライダーにもついていくことができていない。

 本塁打や長打を打った打席を見ると、回転が乏しい変化球を長打にできているが、中谷監督も、徳丸も秋での打撃はよくなかったと語っているため、技術的な欠点は気づいているだろう。

 構えをシンプルにして、ヘッドが入りすぎるトップを修正できるか。徳丸をインタビューした時、鈴木誠也やメジャーリーガーの映像を見て研究するのが好きだと語ったくれたことがある。
 
 徳丸が参考にしている打者はシンプルな構え、シンプルなスイング軌道で打つことができており、残りの高校生活で改善することを期待したい。

(守備・走塁)
塁間タイムは4.4秒で右打者としては平均的なタイムを計測。

守備の動きを見ると、高校生としては平均レベル。一番の売りは肩。140キロを投げるだけあって、肩の強さは高校生としては超強肩の部類に入る。

将来の可能性

 スケール、パワー、強肩と今年の高校2年生打者ではピカイチの選手で、来年には目玉候補に入るだろう。

 今年の公式戦に入って、どれだけ技術的な改善が見られ、結果にも反映できているか、チェックをしていきたい。

情報提供・文:2020.05.03  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事