智辯学園・小畠が1失点完投!市立和歌山は伊藤、小園の好リリーフが光る



1失点完投勝利を収めた小畠一心(智辯学園)

 来春のセンバツ出場をほぼ確実している智辯学園市立和歌山。両校とも背番号10の投手を今大会初の先発マウンドに送ったが、ハッキリと明暗が分かれる形となった。

 1年春から公式戦マウンドを経験している智辯学園小畠 一心(2年)が安定した投球を見せる一方で、市立和歌山米田 天翼(1年)は1回裏に死球などで二死満塁のピンチを招く。何とか踏ん張りたいところだったが、6番・三垣 飛馬(2年)に右中間を破る3点適時二塁打を打たれて先制を許すと、2回裏にも4番・山下 陽輔(2年)に左前適時打を浴び、1回3分の2で4失点と悔しいマウンドになった。

 このまま一方的になってもおかしくない状況だったが、2番手で登板した伊藤 晃宏(2年)が好投を見せる。アンダースローとスリークォーターの2種類の投球フォームを巧みに使い分ける投球で強打の智辯学園打線を翻弄。「ストレートで簡単にストライクが取れて、下からのスライダーも枠に通せたので、ミートされても守備位置に飛んでくれました」と自身も納得の投球で打者7人を完璧に抑え込んだ。

 好投を見せていた伊藤だが、5回表に代打を出されて降板。「早めに小園を出して攻撃にリズムをと思いました」(半田真一監督)と5回裏からエースの小園 健太(2年)をマウンドに送り込んだ。小園は得意のカットボールやツーシームでタイミングを外し、相手打線を寄せ付けない。

 すると6回表、二死から連打と四球で満塁のチャンスを掴むと、7番・吉見 和航(2年)が四球を選び、押し出しで1点を返す。なおもチャンスは続いたが、小園が三振に倒れ、1点止まりに終わった。

 小園は4回を投げて1安打、6奪三振と完璧に近い投球を披露。「十分に経験もありますので、各打者をしっかり抑えてくれたと思います」と半田監督もエースの出来を高く評価した。

 3回以降は打線が沈黙した智辯学園だが、小畠が最後まで粘り強い投球を見せて1失点完投勝利。市立和歌山は10残塁とチャンスであと一本が出なかった。

 3試合で5得点に終わり、「少し得点力に課題が残ったかなと思います。イニングの先頭もなかなか出ず、攻撃に繋がりを欠いたと思います」と話した半田監督。小園という世代トップクラスの投手を擁するだけに春に向けては打撃陣の強化を図っていきたいところだ。その一方で伊藤の好投は大きな収穫。小園の負担を減らす投手起用ができれば、甲子園でも上位まで勝ち進むことができるだろう。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。