智辯和歌山・中西が神港学園相手に3安打完封



3安打完封勝利を飾った中西聖輝(智辯和歌山)

 智辯和歌山がロースコアの接戦を制した。先発を任された中西 聖輝(3年)は「それほどボール先行にならずに投げられた」とテンポの良い投球で凡打の山を築く。捕手の渡部 海(2年)も4回までに盗塁を3つ刺して中西を助け、守備からリズムを作ることに成功した。

 すると打線は3回裏、一死満塁のチャンスを作り、3番・宮坂 厚希(3年)の中犠飛で1点を先制。その後も何度か得点のチャンスはあったが、神港学園が4投手の継投で、智辯和歌山の攻撃を交わしていく。7回裏には二死二塁から4番・徳丸 天晴(3年)の右前安打で本塁を狙った二塁走者を右翼手の三木 勇人(3年)が本塁で刺す好プレーがあり、追加点を許さなかった。

 何とか中西から得点を奪いたい神港学園だったが、「コントロールが良いですし、マウンド捌きが上手なピッチャー。なかなか配球が絞れなかった」(北原直也監督)と6回以降は一人の走者も出せず、3安打完封負けを決してしまった。

 エースとして頼もしい投球を見せた中西について中谷仁監督は「エースとしての自覚が芽生えてきて、グラウンド内外での取り組みが目に見えて変わったと感じています」と話す。以前は自身の結果を優先しがちな面があったそうだが、最上級生になってからは練習や寮生活でチームを引っ張る姿勢が出てきたと指揮官は評価している。今後もチームの精神的支柱として活躍してくれそうだ。

 準決勝では大阪桐蔭との対戦が決まっている。「ここで抑えないと意味がないと思っているので、全力で行きたいと思います」と次戦に向けて意気込む中西。高卒でのプロ入りを目指す本格派右腕の投球に今後も注目だ。

 1点差に泣いた神港学園だが、県大会で獅子奮迅の活躍を見せたエースの加藤大(3年)を7回まで温存した中で、強打の智辯和歌山を1点に抑えたのは評価できる。夏に激戦区の兵庫を勝ち抜くことを考えれば、収穫の多い戦いとなったはず。18年ぶりに夏の甲子園出場を勝ち取ることができるだろうか。

(取材=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。