一発攻勢「らしさ」爆発の盛岡大附、聖地でも「人材」見せた鹿島学園



平内 純兵

◆強力打線をどう抑えるか

 高校野球界では強打として有名な盛岡大附は今年も健在だ。金子 京介を筆頭に強力バッターを複数擁して岩手大会も打ち勝ってきた。今大会の優勝候補の1つとして挙がるほどの戦力を整えている。

 立ち向かう茨城代表・鹿島学園は決勝戦で、選抜出場の常総学院を下してきた。エース・薮野 哲也を中心にして、茨城大会も接戦を勝ち抜いてきた。

 強力打線を相手に、薮野がどこまで抑えて相手を焦らせることが出来るか。鹿島学園の守備力がポイントとなってくるところで、この一戦で勝敗を分けたのは、盛岡大附らしい豪快な一発だった。

◆盛岡大附らしく流れを掴む

 お互いに3回までは0点に終わるなかで、4回にその時は来た。二死から4番・小針 遼梧のヒットと、5番・南 早羽己が四球を選んで一、二塁と得点圏にランナーを進めた。ここで鹿島学園が守備のタイムを取って間を空けたところで、打席には6番・平内 純兵が打席に入った。

 すると初球の真っすぐを迷いなく振り切って、打球をレフト方向へはじき返した。打球はぐんぐん伸びていき、そのままスタンドへ。盛岡大附らしい一発で3点を先取して、主導権を握った。

 6回には、3番・金子 京介のヒットを皮切りに、一死満塁まで作ると、相手野手のミスとスクイズで加点すると、さらに9番・田屋 瑛人がタイムリー。ミスを逃さずに一気に畳みかける集中攻撃で盛岡大附鹿島学園を突き放した。

 最後は先発のエース・渡辺 翔真が鹿島学園にホームを踏ませずに、7対0の完封勝利を掴んだ。

◆無駄を減らしたシンプルな打撃がホームランに

 両チームともに打線が沈黙しているところで序盤3回が終わっていたからこそ、流れを変えるのは一発だった。そこを考えれば、盛岡大附・平内のホームランは3点以上に大きな価値があった。

 あらかじめ軸足にためた状態で、ゆったりとバットを回しながら手首を柔らかくしてボールを待つ。テイクバックはとらずに小さく足を上げると、引き付けたポイントまで鋭いスイングでインパクトしてボールに力を加える。あとは大きなフォロースルーで打球を飛ばすという、スラッガーらしい気持ちの良いスイングをする。

 豪快な高校通算36本目だったが、他の打者に比べると、トップをそれほど深く作っていないように見える。

 全体的に盛岡大附の各打者は、腕を適度に曲げながらも大きなトップを作っている印象を受けた。そのおかげもあり、身体の大きさと相まって、全員が鋭いスイングを見せるが、平内はさほど深く作っていない。

 そうすればより短い時間でミートすることが可能であり、ポイントを引き付けられる。鹿島学園戦のホームランのように、引き付けても短い時間でミートさせることが出来る。その結果のホームランだったのではないだろうか。