大阪桐蔭エース松浦が「進化」、無念の雨に泣いた東海大菅生は「互角だった」



花田 旭(大阪桐蔭) 写真:東京スポーツ/アフロ

◆優勝候補同士の一戦は注目左腕の出来次第

 抽選会から注目を集め続けた優勝候補同士による1回戦だ。

 大阪代表の大阪桐蔭と、西東京代表の東海大菅生による対決は、多くのメディアが取り上げるほどの期待度の高さだ。大阪桐蔭は投打ともに力のある選手が揃う。加えて春季近畿大会から夏の大阪大会にかけてチーム力も磨かれ、チームとして調子が上がっていた。

 対する東海大菅生は、左投手3人を中心とした安定した守備を土台に、足を絡めた隙を逃さない攻撃で畳みかける。さらに勝負根性を据えた終盤の強さと、一瞬たりとも油断ができないチームカラーを持っている。

 そのなかで大事なポイントを握ったのは大阪桐蔭松浦 慶斗の仕上がりだろう。選抜では不安定な投球が続き、春季大会期間中は登板機会を減らした。課題に向きあって迎えた夏は復調の兆しを見せただけに、甲子園という舞台で復活を証明できるか。

 逆に東海大菅生とすれば、選抜で右の本格派・畔柳 亨丞中京大中京)の前に打線が封じられた。右、左の違いはあるが、本格派攻略に苦戦を強いられた。選抜からの成長を示すにはもってこいだが、松浦のでき次第で、試合運びを変えざるを得ないのも事実だ。

◆速さと力で押し切る

 そんな松浦の調子はどうなのか。立ち上がり、得点圏にランナーを背負う場面はあったものの、5番・岩井 大和から三振を奪い、真っすぐも143キロを計測して上々のスタートだった。

 直後に4番・花田 旭の一発で2点のリードをもらった松浦は、2回も143キロを計測するなど、1点は失ったものの2つの三振を記録した。
 雨が降る厳しい条件下であったものの、3回も143キロを計測した真っすぐを主体にして東海大菅生打線を封じ込めた。

 そして2番・藤原 夏暉、5番・前田 健伸の一発で3点にリードを広げてもらってからは、ペースを上げる。球速は落とすものの、4回に初めて三者凡退に抑えると、打たせて取る投球で6回まで東海大菅生のスコアボードに0点を並べる。

 雨が強く振りだした7回から制球に苦しみ、7番・本田 峻也らのタイムリーで3点を与えたところで降板。7回7奪三振3四死球4失点と、マウンド状態を考えれば上出来の内容で竹中 勇登にバトンタッチした。

 その竹中は7対4でマウンドに上がり、一死一、二塁と猛攻を受けたが、雨が一層強くなり、中断をしたが続行は難しく、8回表途中で雨天コールド。ここからが本当の勝負というところで、大阪桐蔭東海大菅生の一戦は、歯がゆい形で幕を下ろすことになった。