初回に2本塁打!都立片倉が破壊力を見せつけ3回戦進出



先頭打者本塁打を放った荒井 大輝(都立片倉)

 試合開始直後の鮮やかな先制攻撃。初回、都立片倉の1番荒井 大輝のバットからいきなり本塁打が生まれ、先制点を奪取。荒井は「追い込まれて不安な部分もあったんですけど、最後は気持ちで振り切ろうと思って打ちました」と公式戦2本目の本塁打を放った打席を振り返った。「秋調子が悪く、チームに迷惑をかけてしまった。この冬でチームに貢献できるように変わろうと思って練習してきた」と冬の練習の成果が表れてきた模様だ。

 そして同じ回に再び本塁打が飛び出す。6番の内田 幸輝が放った打球は外野スタンドを超える2点本塁打を放つ。これでこの回4点目。内田は「上がり過ぎかなと思ったけど、思ったより打球が伸びてくれました」と分析。都立片倉の宮本 秀樹監督は「もともと長打力のある子たちなので、当たるとこういうこともある」と試合後に語った。

 対する桐朋も反撃。初回に4番の齋藤 舜の適時打で1点を取ると、続く2回にも内野ゴロの間に1点を追加し、都立片倉に食らいつく。

 大きく点数が動いたのは6回。安打や四球でランナーをためると中野 真佑の犠飛、そして堀江 慶浩の適時打などで一挙4点。その裏の桐朋の攻撃を0で抑えた都立片倉がコールド勝ちで3回戦進出を決めた。

 桐朋の野宮 健太主将は「初回と整備後の攻撃で4点ずつ取られた。流れが変わるところで大量失点したのがだめでした」と反省。「バッティングはライナーやゴロで間を抜けるように、そして守備の雰囲気作りをしっかりやっていきたい」と桐朋の夏への課題ははっきりしているようだ。

 今後のキーマンを都立片倉の宮本監督に伺うと、「ピッチャーですね。この春は6人くらいピッチャーを入れているので、どれで行こうかなっていう感じです。1番の高橋 歩武を軸にいろんな形を考えています」。ピッチャーの今後の活躍が鍵になるだろう。

 勝利した都立片倉は4月7日、ダイワハウススタジアム八王子にて共栄学園と対戦。共栄学園は2回戦の都立清瀬戦で2対1の接戦を制して3回戦に挑む。どちらが駒を進めるか、注目だ。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。