地獄の練習を乗り越えてついにつかんだシード権!



勝ち越し打を打った伊藤大晟(共栄学園)

 シード権獲得を目指す共栄学園共栄学園は埼玉の強豪・春日部共栄と同じ学校法人の学校で、ユニフォームも春日部共栄と同じデザインだ。これは原田健輔監督が、春日部共栄の本多利治監督に了承をとって、実現したものである。ちなみに原田監督は、浦和学院OBで、須永英輝投手(元日本ハム)と同期だが、と同じ学校法人の学校であれば、同じユニフォームで戦って、強くしていきたい...。そんな思いで、共栄学園を一歩ずつ強くしてきたのである。

 相手は、強豪・都立片倉

 この一戦は試合序盤から大きく動く展開となった。 

 2回表、共栄学園は、二死一、二塁から1番青木 龍也(3年)が左越えの適時三塁打で2点を先制する。

 だが、都立片倉も、一死二塁から8番高橋歩武(3年)の左前適時打で1点を返す。さらに一死一、三塁のチャンスで、インターフェアがあり、同点に追いつく。

 3回裏、都立片倉はバッテリーミスの間に1点を勝ち越し、試合を優位に進めていたが、5回表、共栄学園は第2打席で三塁打を打っていた1番青木の本塁打で同点に追いつく。1番に座っている青木だが、チームでは一番長打力のある選手。青木の公式戦初本塁打は、逆転を狙う共栄学園ナインの勢いを乗せた。共栄学園は攻撃を続け、一死二、三塁と勝ち越しのチャンス。ここで打席に立ったのは代打・伊藤大晟(3年)。「内寄りのボールを思いきり振り抜きました」と思い切って振り抜いた打球はレフト前へ転がり、二者生還して、5対3と勝ち越しに成功。「公式戦で勝ち越し打を打ったのは記憶にない」と伊藤にとっては自信になる一打となった。

 さらに7回表には二死満塁から8番佐久間涼太(3年)の適時三塁打で3点を追加すると、9回表には、7番竹村啓斗(2年)の適時打で9対3と突き放した。投げては、左腕・船久保快都(3年)、遊撃・菊池快都(3年)の継投リレーで、都立片倉打線から9安打を打たれながらも粘り強く抑える。見事、共栄学園が4回戦進出を決め、初のシード権を獲得した。

 原田監督は「うちみたいなチームがシードというのは全く実感がないですね...。今年は打撃のチーム、守備のチームといえるほどの実力はありません」と語るが、それでも一次予選から勝ち上がってのシード権獲得は見事である。
「うちは秋、ブロック予選初戦敗退から始まったチームですので。とにかく春の大会まで冬場の練習は目いっぱいやってきました。その中で、選手たちは本当に真剣に練習ができていたと思います。だからこそ粘り強さが生まれたと思っています」
土日の練習では、朝8時から練習を始めて夜の21時~22時までかかることもあった。猛練習で培ったもの。それは自分たちは戦えるという自信だった。青木はこう言う。

「冬場の練習は本当にきつかったですけど、こうやってホームランも打つことができて、改めてやってきてよかったと思っています」
 次の相手は早稲田実業。主将の大西亨和は「神宮第二でプレーするのは初めてで、多くの人が集まる中で野球ができるのは、僕たちは本当に楽しみにしています。相手は本当に強い相手ですので、挑戦者としてぶつかっていきたい」と意気込みを述べた。

 失うものはない。思い切りぶつかって、神宮第二に集まった高校野球ファンをあっと驚かせる野球を見せる。

(文=河嶋 宗一

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。