帝京・田中決勝2ラン! 八王子との延長11回の激闘を制する


本塁打の田中悠我(帝京)

 東東京と西東京の強豪が、夏のシード校をかけてぶつかった試合は、延長戦に突入する熱戦になった。

 帝京は左腕で変則の白石結太、八王子は2年生でエースの武内寛斗が先発した。試合の流れを先につかんだのは帝京であった。2回表、この回先頭の4番・田中 悠我が四球で出塁すると、犠打、右飛で三塁まで進み、7番・トラン・ヒー・キエンの遊ゴロを八王子の遊撃手がハンブルし、帝京が1点を先制した。

 4回表には、3番・志田太陽の二塁打、4番・田中の右前安打に続き、5番・松重恒輝の二ゴロで1点を追加。7番・トランの左前安打でさらに1点を追加して、帝京が3点をリードした。

 八王子の投手が左腕の津吹ヒカルに代わった5回表、一死後、1番・笹川大輝が中前安打で出塁したが、盗塁は失敗した。「ああいうプレーは流れを変える」と、帝京のベテラン・前田三夫監督が指摘したように、5回裏八王子は一死後、8番・安藤 大斗の二塁打に続き、9番・津吹の内野安打、続く代打・猪股勇介の中前安打で1点を返すと、続く代打・石井雅也の二ゴロで1点を追加して、1点差に迫る。続く3番・高橋 優介が内野安打で出塁したところ帝京は背番号17ながら、帝京は事実上のエースである松澤 海渡を投入した。

 八王子は6回表にこの回先頭の5番・初鹿野 滉平が右中間を破る二塁打で出塁すると、犠打と内野ゴロの間に生還し、同点に追いつく。

 この後は、八王子・津吹、帝京・松澤の好投で、投手戦の様相を呈し、同点のまま延長戦に突入した。

 延長に入ったところで、八王子は好投の津吹に代えて甲斐秀聖を登板させた。しかし11回表帝京は、3番・志田の死球後、4番・田中がレフト柵越えの2ランを放ち、試合を決めた。田中は本塁打の感触を、「ちょっと詰まっていました」と語る。この大会、帝京の前田監督は、大振りせずに、コンパクトに振るように指示している。「大振りしていた時は、ポイントが前に言っていましたが、今は呼び込んで打てるようになりました」と田中は、その成果を語る。

 その裏を松澤が走者を出しながらも得点は許さず帝京が激戦を制した。勝負を決めたのは、田中の2ランであったが、背番号17になって、エースナンバーを取り戻したいと、意地を見せた松澤の好投が光った。松澤は、秋はトルネードで投げていたが、今大会から通常のフォームに変え、安定感のある投球をみせた。「こういう競った試合を勝てたのは大きい」と帝京の前田監督は語る。4回戦は明大中野八王子と対戦する。八王子は、敗れはしたが、投打に好選手も多く、驚異のノーシード校になりそうだ。

(取材・写真=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。