投手戦を制し、少ないチャンスを掴んだ拓大一がシード校を下し、4回戦へ!

 

 手に汗握る投手戦。

拓大一とシード校・都立東大和の3回戦は、まさにそんな試合だった。

 拓大一の先発は左の齋藤陽太。齋藤の投球フォームは、低く沈み込みながらインステップ気味に右足を踏み込むのが特徴的。そしてそのフォームから、真っ直ぐと縦の変化球を外角に集める投球で都立東大和に向かっていく。

 その齋藤は初回、都立東大和の2番・森郁人に死球、3番・弓場颯に四球を選ばれ一死一、二塁のピンチを迎えたところで、打席には4番・岡竜輝。
 その岡が打ち返したピッチャーゴロを、マウンドの齋藤は二塁に送球して二死。ここでショートの小出哲平は一塁に投げずに三塁へ。飛び出したランナーを三・本間の挟殺プレーでアウトにしてチェンジ。

 野手に助けられる形で初回を無失点で切り抜けた拓大一だったが、都立東大和先発の三井 一樹のストライクゾーン全部を使ったピッチングを前に的が絞れない。

 初回こそランナーをの出塁を許しピンチを迎えたが、2回以降は安定したピッチングで打線の援護を待つ拓大一の齋藤。その齋藤のために4回、先頭の2番・杉山順士が四球で出塁すると、3番・柿澤拓海の送りバント。さらに4番・藤原知洋の内野安打など8番・齋藤まで繋いで1点をもぎ取って援護する。

 先制点をもらったマウンドの齋藤はその後も外角を中心に丁寧なピッチングを心掛け、5回まで都立東大和にヒットを1本も許さない。

 しかし後半に入ると、都立東大和1番・島崎勇賢、2番・森らにヒットを打たれるなど次第に捉えられ始めた。まだ点差は1点。油断ができない状況が続き、緊張が次第に高まってくる状況で8回、試合がまたも動く。

 この回先頭の代打・小林聡を拓大一・齋藤は四球で歩かせた。それだけならば良かったのだが、その際にバッテリーエラーをしてしまい、小林に二塁まで一気に進まれる。
 都立東大和はこのチャンスを逃すまいと、代走に山上凱を投入。まずは同点を狙う。