初回の明暗!八王子、北澤―武内のリレーで専大附を下し8強へ

  4回戦で早稲田実業との激戦を制し5回戦に進出した八王子にとって、大きなヤマを一つ越えた後の試合の入りはかなり重要だ。相手は、戦前は東京屈指の強豪であった京王商業の伝統を受け継ぐ専修大附だ。専修大附は横手投げのエース・出口健太が、八王子は背番号11の2年生左腕・北澤 壮汰が先発した。

 勝負は実質的に、1回表裏の攻防で決まった。

 1回表専修大附は、一死後2番・笹川 倫太郎の中前安打、3番・島崎柊弥の右前安打、4番・片倉勇樹の中前安打で満塁としたが、後続が打ち取られ無得点。

 その裏八王子は、1番・越村 周の中前安打、2番・芝山武尊の左前安打に続き、3番・初鹿野 滉平の左中間を破る二塁打で八王子が1点を先制。芝山は三塁を回ってオーバーランして刺されたが、なおも続くチャンスで、5番・松野海舟の左前安打、6番・石井雅也のレフトオーバーの二塁打によりさらに2点を追加した。

 初回から動いた試合であるが、2回以降は両投手が立ち直った。テンポの良い投球をし、両チームとも内外野の守備は安定しており、試合は淡々と進む。

 速いペースで進んだ試合は、9回表一死後、専修大附が代打攻勢を仕掛けて再び動き出す。一死後、代打の青木良介の左前安打、同じく代打の櫻井祐志の左前安打に続き、7番・吉田 啓人の右中間への安打で専大附が1点を返す。ここで八王子は好投してきた北澤に代えて、2年生右腕の武内 寛斗を投入する。

 武内は8番・石谷輝海を捕飛、代打の向口修平を投ゴロに仕留めて、試合終了。3対1で八王子が逃げ切り準々決勝進出を決めた。

 専修大附は初回の失点が響いたものの、2回以降は立て直し、9回には反撃の1点を返し、伝統校としての存在感を示した。

 八王子は「ありんこ軍団」の名の通り、目立った選手はいないものの、力を合わせて佼成学園早稲田実業に続き専修大附も破り、激戦のブロックを勝ち抜き準々決勝進出を決めた。八王子らしさを発揮してどこまで勝ち進むか。準々決勝以降の戦いが注目される。

文=大島 裕史

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ
トーナメント表