東海大菅生が本塁打3本で、粘る八王子を振り切る

 

 昨年優勝の東海大菅生と、一昨年優勝の八王子が対戦。東海大菅生は5回戦で、攻撃の中心である4番の片山 昂星が負傷。1年生の杉崎 成が、4番に入った。

 

 八王子はエースの津吹ヒカル、東海大菅生は背番号18の2年生左腕・中村晃太朗が先発登板した。

 

 1回裏八王子は、1番・越村 周がレフトオーバーの二塁打で出塁すると、2番・柴山武尊が送り、3番・初鹿野 滉平の三ゴロで、三塁手から一塁手に送球される一瞬のスキを突いて、越村が本塁を陥れ、八王子が1点を先制した。

 

 八王子が足技で1点先制したのに対し、東海大菅生は2回表、6番・成瀬 脩人のレフトスタンドに入る本塁打であっさり追いつく。さらに3回表、内野安打で出塁した9番・中村を、1番・田中 幹也が送り、捕逸や二塁手の失策で中村が生還し、東海大菅生が逆転した。

 

 東海大菅生は5回表、敵失で出塁した中村を一塁に置き、1番・田中がレフトポール際に入る2ランを放ち、東海大菅生がリードを3点に広げる。田中は小柄な選手ではあるが、春は広いダイワハウススタジアム八王子でも本塁打を記録しており、結構パワーもある。

 

 八王子もこのまま引き下がるわけではない。6回裏には1年生だった昨夏からスタメンで活躍している4番の高橋 優介が右中間に三塁打。中継が乱れる間に高橋は一気にホームを突き、2点差に追い上げる。

 

 東海大菅生は7回裏からはやはり左腕の中尾剛が登板したが、八王子は8番・黒田 将希の内野安打に続き、1番・越村の右中間への二塁打で、1点差に迫る。

 

 八王子の追い上げムードになってきたが、8回表東海大菅生は、この回から登板した八王子の2番手・武内寛人から、1年生ながら4番に座る杉崎が、レフトスタンドに入る本塁打を放って突き放し、最後は3番手で、登板した鈴木礼央が締めて、5-3で東海大菅生が勝ち、準決勝進出を決めた。

 

 ノーシードの八王子は、佼成学園早稲田実業など強豪を相次いで下し台風の目となったが、準々決勝で力尽きた。

 

 勝った東海大菅生は、準決勝で日大三と対戦する。西東京大会の優勝の行方を占う、大一番になりそうだ。

 

文=大島 裕史

【西東京大会】
詳細日程・応援メッセージ