点の取り合いを制した東亜学園がベスト8へ!

 東亜学園錦城学園のベスト8をかけた一戦。序盤は互いの実力の拮抗した一歩も引かない接戦となった。

 東亜学園の先発は、背番号1を背負ったエース・齊藤 北斗がマウンドに上がる。しかしその齊藤は錦城学園の2番・園田 小哲にレフトフェンスに突き刺す先制のホームランを許す。すると、続く3番・上澤孝太郎、4番・千明駿平ともにセンターへヒットを打たれ、ピンチは続く。5番・塚田光咲をレフトフライに打ち取り何とか二死とするも、6番・佐藤寛太に内野安打を許し、さらに1点を失って0対2と2点ビハインドになる。

 すると直後の東亜学園は、1番・島田一輝の内野安打で反撃の口火を切ると、3番・小西莉於の送りバントで得点圏にランナーを進める。ここで4番の小林我久がレフトへのタイムリーで1点を返すと、5番・髙木啓多は錦城学園先発の石野田拓斗の髙木への3球目を左中間に運ぶ二塁打。小林我が一気にホームに生還して、東亜学園がすぐさま同点に追いつく。

 両チーム2回、3回ともに得点が入らず膠着状態に入ったと思われたが、4回に再び試合が動く。
 一死からセンターへのヒットで出塁した錦城学園の6番・佐藤を、9番・舟津輝樹のライトへのヒットでホームへの生還を許し、再び追いかける展開となっていた東亜学園。一死から6番・髙木が出塁すると、2番・岩本翼の二塁打などヒット5本と相手のミスが重なりこの回一挙5得点。7対3で4点リードを奪い、錦城学園を突き放したかのように思われた。

 しかし終盤7回に錦城学園が逆襲が待っていた。
 この回先頭の1番・山田宗樹がライトへの三塁打でチャンスを作ると、2番・園田と3番・上澤が連続タイムリーで2点を返す。無死一塁のこの場面で、打席の4番・千明が9球目をレフトに運ぶと、打球はそのままフェンスオーバー。この一発で2点を追加してさらに勢いに乗る錦城学園は8番・星 天太のレフトへのヒットでこの回5得点。遂に東亜学園は勝ち越しを許してしまった。

 残りのイニングが少なってきた東亜学園だったが、8回に巡ってきたチャンスをしっかり逃さなかった。
 この回先頭の8番・齊藤が死球で出塁して無死からランナーを出すと、続く代打・阿部 敬太の打席で盗塁が成功。無死二塁とチャンスが拡大する。阿部がピッチャーゴロに倒れて一死となるが、1番・島田がセンターへタイムリーを放ってまずは1点を返し同点。試合を振り出しに戻す。

 このまま一気に勝ち越しを狙う東亜学園は、2番・岩本が錦城学園2番手・星の岩本に投じた初球をセンターへ弾き返す値千金の二塁打で島田が勝ち越しのホームを踏む。さらに3番・小西莉にも左中間への二塁打が飛び出しもう1点を追加。10対8と2点のリードを東亜学園は奪った。

 最終回は東亜学園4番手・細野 晴希が、錦城学園の5番・塚田を四球で歩かせるも、後続のバッターを打ち取りゲームセット。東亜学園が準々決勝へ駒を進めた。

(レポート=編集部)