帝京・田中、試合を決める満塁弾!東亜学園、逆転劇の再現ならず

 

 昨夏の準々決勝では9回に6点差をひっくり返した東亜学園にすれば、強豪・帝京相手に、仮にリードされても僅差の接戦に持ち込みたいところだ。しかし序盤から大きく離される。 

 東亜学園は背番号11ながら、今大会最も投球が安定している東 新太郎が先発した。しかし東は帝京打線に序盤から捕まる。 

 1回裏帝京は、2番・小松 涼馬が内野安打で出塁と、東の一塁牽制が暴投になり小松は三塁に。3番で、帝京の先発投手でもある白石結太のライトオーバーの二塁打で1点を先制。4番・田中 悠我の中前安打や、東の暴投などで1点を追加した。 

 さらに2回裏帝京は、敵失や2四死球で満塁とし、3番・白石への四球で押し出し。さらに続く田中がファーストストライクを打つと、レフトスタンドに入る満塁本塁打となり、7点差にした。 

 このままだとコールドかという展開だったが東亜学園は、3番手として登板した細野 晴希が踏ん張る。4回裏帝京は田中の二塁打などで一死二、三塁としたが、6番・笹川大輝を三振に仕留めるなど、追加点は許さない。 

 すると6回表東亜学園は、1番・島田一輝の左中間を破る三塁打と3番・小西莉於の内野安打で、1点を返し、コールド圏から脱出する。さらに7回表から登板している帝京の2番手。松澤 海渡を攻め、8回表には8番・内海雄太、代打の小西雄登の連打や野選などで満塁とし、3番・小西莉の遊ゴロで1点。4番・小林我久、5番・高木啓多の連続左前安打で2点を追加。ここで帝京は松澤から、先発で一塁手になっていた白石にスイッチ。 

 東亜学園は6番・橋本翔琉がレフト線を破る二塁打でさらに1点を加え2点差に迫る。昨年の準々決勝の大逆転の再現なるかという雰囲気になってきた。 

 しかしながら帝京は7回裏一死一塁から、白石結太の二塁打をはじめ4人連続の安打で3点を追加し、突き放した。 

 粘る東亜学園は9回表、2番・岩本翼のセンターオーバーの二塁打などで1点を返したが、3番・小西莉の三ゴロでゲームセット。10-6で帝京が勝ち、準決勝進出を決めた。準決勝では都立小山台と対戦する。今後勝ち続いていくには、松澤 海渡など、投手陣の出来がカギとなる。 

 東亜学園は後半粘りをみせたが、昨夏の大逆転の再現はならなかった。

 

文=大島 裕史