憧れの先輩を参考に!八王子・北澤が3安打無四球完封!



3安打完封の北澤(八王子)

 東京都大会が開幕した。八王子の先発マウンドに登ったのは1年生から実戦経験豊富な左腕・北澤 壮汰だ。北澤は常時125キロ前後の直球、120キロ近いスライダーを投げ分けて勝負する左腕。八王子は伝統的に細身で、下半身主導で動いて、指先の感覚が良く、ボールの切れがの良い左腕が多い。北澤もその一人だろう。北澤は「投手を始めた時からコントロールには自信があった」と胸を張る。指先も器用で、スクリュー、チェンジアップも投げることができるようだ。

 低めにボールが集まり、さらにキレの良いストレートを高めのつり球で使いながら、明星打線を手玉に取るピッチング。北澤は「最近、あまり調子が良くなく、試合前のブルペンでもよくなく不安だったのですが、試合に入ればストレートが思ったより伸びていた」と手ごたえを感じたストレート主体で攻める。

 とにかく内外角・低めのコントロールが良く、リズムよくストライク先行のピッチングができるので、ショートを守る主将・黒田も「コントロールがいいので守りやすいです」と信頼する。

一方、明星の先発・佐藤 汰城(2年)は、120キロ前後の直球、110キロ台のスライダー、100キロを割るカーブを織り交ぜながらピッチングを展開する技巧派右腕。佐藤もボールが低めに集まり、ピッチングができている。

 0対0で迎えた4回裏、八王子は5番小林 大成(2年)、6番坂口 雅哉(2年)の連続ヒットで一死一、三塁のチャンス。ここで八王子の安藤監督は「走者を出しながらなかなか点が取れない展開でしたので、早く1点をとって精神的に落ち着きたかった」と7番和田 陸(2年)のスクイズで1点を先制する。

そして7回裏、2番山﨑 諒の適時二塁打で2点目を入れる。

 北澤は八王子の堅い守備もあり、9回を投げて、被安打3・無四球の完封勝利を挙げた。安藤監督は「北澤は練習試合から安定したピッチングをしていたので、点はあまりとられないかなと思いました。コントロールが良かったですね」とエースの好投をたたえた。また背番号1でボールに力がある右腕・武内の継投も考えていたが、北澤は「最後まで投げ切るつもりでした」と完投にこだわった。