恐怖の1番野村から打線着火!二松学舎大附が6回コールド勝ち!



野村 昇大郎(二松学舎大附)

 二松学舎大附の恐怖の1番が活躍を見せた。二季連続の甲子園出場に期待がかかる二松学舎大附。夏を経験したメンバーも多く残るが、打線の火付け役として期待がかかるのが1番野村 昇大郎である。夏では東東京大会で打率.778と高打率を残し、一気にブレイク。その野村は1番打者に座った。
「初球から打っていくつもりでした」
 いきなり野村は初球を打って右前安打。さらに盗塁を決め、1番打者としてチャンスメイク。しかし1回裏は無得点に終わったが、2回裏、揚野 公匠(2年)の中前適時打で1点を先制し、なおも二死一、二塁の場面で野村は2ストライク2ボールから5球目を振り抜き、ライトスタンドの最前列に飛び込む3ランを放ち、4点目。野村も「まさか入るとは思わなかった」と本人の驚きの高校通算第12号は大きな追加点となった。さらに4回裏にも押し出しで1点を追加する。

 投げてはエース・海老原 凪(2年)が好投。夏と比べるとピッチングに強さが増した。その要因として体ができたことと、投球フォームで右足の踏み込みが強くなり、リリースに入るまでの動きに力強さが増したことにより、ストレートは常時120キロ後半~132キロを計測しており、回転数が高いストレートは空振りが奪える。スライダー、カーブ、チェンジアップ系統の変化球を投げ分けながらピッチングを組み立てる。速球、変化球のコントロールも自在でピッチングにおいて全く隙がなかった。夏では球威不足という印象があったが、この数か月間でだいぶ印象が変わった。

 なかなか追加点を奪えなかったが、6回裏、第4打席を迎えた1番野村は「上位打線につなぐつもりで打席に入った」と、左中間へ二塁打。普通の打者ならばシングルでとどまりそうなところを50メートル5秒9の俊足を生かし、一気に二塁打へ陥れる好走塁を見せた。

 そして無死一、三塁から3番右田 稜真(2年)の左前適時打で6点目。さらに4番秋広 優人(1年)の中犠飛、5番石崎創大(2年)のフェンス直撃の二塁打、7番揚野の中前適時打で9対0。さらに8番山田 将義(1年)の右前適時打で6回コールド勝ちを決めた。

 すべては三塁打以外のヒットを打った野村から始まった。野村が打つと、一気に打線がつながる。打撃技術を見てもトップに入ってからインサイドアウトでインパクトを迎え、さらに腰を鋭く回転させて、ボールをぶつけることできており、かなり高い打撃技術を誇る選手だ。守備のレベルも高く、都内屈指の外野手として見ていい選手だろう。

 勝利を決めた二松学舎大附の市原監督は「勝てたことはいいんですけど、甲子園に行くというのは本当に大変で、冷めた感じで勝てるものではなく、死に物狂いでやって掴めるものなんです。実際に冷めたところがプレーに出ているところがあって、そこはしっかりと檄を入れました」と今日の内容には満足せず、さらに選手に高い内容を求めている。それでも市原監督の中で信頼が厚いのは、1番野村、3番右田だ。

「彼らは夏を経験していますから、緊張感をもってやっています」と、その言葉に右田はこう語る。

「夏を経験している選手が多いので、そこは大事にしています。その緊張感を経験が少ない選手たちに伝えているところです」

3回戦では東海大菅生と対戦する。右田は「この試合(3回戦)が第一関門。しっかりと力を発揮し、勝ち取ります」と意気込んだ。

 6回コールド勝ち。10対0の完勝をしても、さらに高いレベルを求める二松学舎大附はやはり隙がない。

 次の東海大菅生戦はハイレベルな熱戦が期待できそうだ。

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。