東亜学園、6回に一気に逆転!U18代表候補・細野、課題が残る完投



東亜学園エース・細野晴希

 大会4日目。この日から2回戦に入り、シード校も登場した。神宮第2球場の第1試合は、秋季都大会4強の東亜学園に、同じ中野区の強豪・明大中野が挑んだ一戦だ。

 東亜学園の先発は細野 晴希明大中野の先発は菊地淳之介と、ともにエースの左腕投手が先発した。中でも細野は、年末に行われたキューバ遠征で東京代表に選ばれたのに続き、U18日本代表の1次候補にも選ばれているだけに、その投球が注目された。

 左腕の細野に対し、明大中野は左打者が6人並ぶ。その左打者が左方向に転がす打球でチャンスをつかんだ。

 2回表明大中野は、左打者である5番・石井開、7番・金野慎ノ介が左方向に転がした打球が内野安打になったのに加え、8番・菊地が右前安打を放ち一死満塁となる。9番・伊藤光は三ゴロで、石井が本塁で封殺されたが、1番・染谷駿斗、2番・廣木健人が続けて内野安打になり、明大中野が2点を先制した。さらに3番・森本琢己が三塁線を破る二塁打を放ち、満塁の走者を一掃し、明大中野がこの回一挙5点を先制した。

 「とにかく、転がすように指示しました。神宮第2球場は下が固いので、転がせば、何が起きるかわからないですからね。それから、常に全力疾走するように言いました」と明大中野の岡本良雄監督が語るように、神宮第2球場を意識しての、転がす打球が大量点につながった。一方東亜学園の武田朝彦監督は、「神宮第2球場は、いろんなことが起きるので、仕方ない」と、慌てない。

 東亜学園は2回裏に4番・小西莉於、5番・高木啓多の連続安打に、犠打と内野ゴロで1点を返すと、3回裏には、一死二塁から3番・一宮大志の右前適時打で1点と、徐々に反撃態勢を整える。

 近年逆転での勝利が目立つ東亜学園は、中盤から後半にかけて、一旦火が付くと止まらないことがあるが、この試合では、6回裏がビッグイニングになった。

 東亜学園は、二死二塁から7番・小西拓磨の右前安打で1点を返すと、この回だけで、4番・小西莉於の二塁打をはじめ長短5安打に3個の四死球で7点を挙げ、試合をひっくり返した。

 2回に5点を奪われた東亜学園の細野であるが、その後は、力のあるストレートに、スライダー、スプリット、チェンジアップなどの変化球で明大中野打線を抑える。ただ大量得点を得たすぐ後の7回表に、染谷に本塁打を浴びるなど、ピリッとしない面もあった。東亜学園の武田監督は、「1年生の夏から投げているので、普通に成長はしていますが、もっとやらないと。逆転した後も慌てた様子で、もう少し落ち着いて投げてくれないと」と、苦言を呈した。

 結局9対6で東亜学園が勝ったが両チームとも,もっと良い試合ができるはずという、思いが残る試合であった。U18日本代表の1次候補にも選ばれた細野はこの試合の投球について、「球が浮いてしまい全然ダメでした」と語る。ただ、昨年末のキューバ遠征では、投球の幅が広がったことを明かした。

 秋は4番の岩本翼が負傷で本調子でなく、捕手も代わるなど、東亜学園は本来の体制が整っていない。そうした中で、チームをどう築いていくか。細野をはじめとして、経験が豊富な投手陣が果たす役割は大きい。

 明大中野はパワフルな選手はいないけれども、ひたむきな走塁で序盤リードを奪うなど、戦う姿勢は示した。やはり投手陣がどれだけしっかりできるかが、夏への課題となる。

(取材=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。