中村晃太朗の粘投で東海大菅生が初戦を飾る!!



粘りの投球を見せた中村晃太朗(東海大菅生)

 神宮第二球場で行われた、2回戦は八王子東海大菅生と都内屈指の好カードとなった。

 八王子は、一回戦で都立日野(試合レポート)を破っての一戦。その分、試合の入りや試合前ノックを見ても固さもなく行っていた。一方、東海大菅生はこの日が今年初の公式戦だけあって、緊張からか試合前ノックでも送球が荒れたりと不安な様子。若林監督も「練習試合と公式戦は全然違う。やはり、入りで固さが見られた」と試合後語った。

 その固さを振り払ったのが、1回裏の1番・小山翔睴が右中間を破るツーベースで一気に東海大菅生ペースに持ち込む。続く、2番・石田 隆成が送りバントを決めて一死、三塁のチャンスを作る。3番・成瀬 脩人が四球を選びすかさず盗塁も決めて、一死、二三塁とチャンスを継続させ、4番・杉崎 成がサード強襲のタイムリーツーベースヒットで東海大菅生が2点を先制する。

 東海大菅生の先発マウンドには、エース番号を背負う中村 晃太朗が上がる。この日の中村は調子は良くはなかった。初回から、八王子打線にボールをコンタクトされ、2番・松野海舟にフェンス直撃のツーベースヒットを浴びるなど、不安な立ち上がりを露呈する。

 2点を先制された八王子は、その中村を攻め立てる。一死後、6番・近岡英訓が四球で出塁すると7番・坂口雅哉がライト前で一死、一死三塁の場面を作る。8番・黒田 将希にこのイニング2つ目の四球を与える。ここで、捕手の小山がマウンドに駆け寄り声を掛けた。球を受けた小山は試合後、「中村は全体的に調子が悪かったので、声で助けてあげようと何回もマウンドに行きました」というようにこの試合、節目節目に中村に声を掛けるシーンが見られた。ここで、気持ちを入れ直した中村が圧巻の2者連続三振でピンチを凌ぐ。



ホームランを放った今江康介(東海大菅生)

 ピンチの後にチャンスあり。一死後、8番・今江 康介がレフトに突き刺すホームランを放ち八王子を突き放す。

 早く点を取りに行きたい八王子打線は、中盤からキレが出てきたストレートとチェンジアップを軸とした配球に4~6回まで3者凡退で終わってしまう。